俺好みの熟女4

俺も我慢できなくなり69の格好になりお互いに愛撫した。 俺のチンポがモナリザの口に入っている間も大きな喘ぎ声を出し続けていた。 モナリザの汁は半端な量ではなく俺の顔はネバネバの液体でいっぱいになった。 その日はシャワーを浴びており綺麗にしていたが、モナリザのオマンコは なぜか墨汁のような匂いがした。ただし決して臭いわけではない。 どれくらい経過したか、多分1時間くらいは69を楽しんでいたと思う。 その間 大人のえっちな体験談&告白