付き合っている関係なんだから、しっか守ってやらないと・・・

「じゃ、まったな~帰ろうか留美ちゃん」 「うん!」 塾が終わると、すっかり日が暮れて辺りは真っ暗な時間になってた、 僕は自分の家よりも先に、この一緒に歩いてる女の 寝取り時々寝取られ