習字の先生からアナルに指を入れられ挿入を求められる

純和風の建物に、「お習字教室」の看板。 「さあ、時間になっちゃったから、今日はここでおしまいね」 数人の生徒達の前で、終わりを告げるのは、和服がとても似合う女性。髪を上げ、眼鏡をした姿は習字の先生に相応しい上品さを漂わせていた。みなが片付けをしている時、... 萌えるエッチ体験談
巨根で突かれる快感は天に逝きます

 特別なペニスがある男の人と関係をもったことが、その後の人生を左右することがあるようです。鈴マラというのがそれ。巨根であることも多く、何より男性器の形がはっきりしてるのが特徴です。 セックスすると、快感で天にも昇るような心地がする上にとても縁起が良いのですが、反対に持ち主との性交渉の機会を避けたりすると以後その人は何をやってもうまく行かず不幸になるとか。...

ダンナがいるからって拒否してたのに、いざ始めたら「受精させて」だって

普通に友人と飲みに行った時に人妻とヤッちゃいました。去年の春頃の話なんですが、僕は友人2人と計3人で飲みに行ったんです。居酒屋→キャバのお決まりコースでキャバを出たのが11時くらいだったかな。なんとなく腹が減ったので、近くのフーズバーに入りました。そこは僕らがちょくちょく顔を出す店だったんですけど、何気なく店内を見渡すと見たことのない店員が一人。どうやら入ったばかりの店員のようです。...

妻より母が好き

私も19歳の時に、母と初めて関係を持って以来、結婚して33歳になった現在でもその関係は続いています。 私が母を性の対象として意識するようになったのは、高校1年の時からでした。 夏休みに田舎の祖母の家に遊びに行ったとき、たまたま内風呂が壊れて使えないというので、昔、使っていた庭の五右衛門風呂を使うことになって、そのとき、風呂に入っている母の裸を雨戸の節穴から覗き見して、母の陰部や乳房に興奮した思い出があり

淫らになっていく嫁の母親

義母はじっと目をとじて、わたしの愛撫に耐えているようだった。 大きな、乳房を揉み、乳首を舐め、吸い、しゃぶり、その感触を 味わうように愛撫を続けた。 「あなたがこんな人とは思わなかったわ」 わたしの蛮行を詰るように義母はつぶやくようにもらした。 たしかに、妻の母親に性交を挑むのは非常識なことだ。...

彼女の実姉は人妻で禁断の関係に

 週末に彼女のマンションに泊まる約束しました。たまたま取引先の接待を受けてすっかり泥酔状態だった。なんとか彼女のマンションに着いた。たまたま居住者の後について入場しました。「えつとぅ、彼女の部屋は何階だっけ?」ってエレベーターに乗った。 たまたまお隣のおじさんが「おっまた来たね、またやりにきたか? 恋愛時代が一番盛んだからなぁ?」ってひやかされた。このおじさんと同じ階だった。おじさんが、ボタンを押