淫乱な言葉を発する知的な名門女子大の彼女との体験談

私が大学3回生のとき、サークルで交流のあった名門私立女子大の1回生の女の子と付き合いだした。当時私は21歳、彼女はまだ誕生日を迎えておらず18歳だった。彼女は背が高くてとてもスマートで、今で言えば「常盤貴子」似の知的な女の子だった。最初はとてもプラトニックな恋愛だった。彼女は私が初めての「彼氏」で処女だったのでSEXをとても怖がっていて、「20歳になるまで待って」といつも言っていた。彼女は毎日私の 秘密のH体験談告白