【近親相姦】姉と同居するようになって姉とヤリたくて仕方ない!~後編~

27 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 17:59:22.51 ID:iFsGfZje0 [9/15]>>8 >>12 >>13 >>17 >>18 >>19 >>20 >>21 >>23 >>24 >>26の続き俺は姉の白くて綺麗で細っそりした脚を揉むのはたまらなく好きで、姉はアロエオイルを脚に塗ってマッサージをしてくれ!と、言う。俺は喜び勇んで飛び付くように姉に寄り添い、上半身裸になって短パンを脱いでパンツ一つになって一生懸命揉んでやる。オイルが短パンに染み込んで無駄になるので俺はパンツ一つになるんです。マッサージは長ソファーでする事になっていて俺は姉をお姫様抱っこで抱き上げてソファーに横たえて、うつ伏せにした。可愛いお尻が丸出しで、この上にチンポを擦り付けて発射したい。と、欲望を満足させる迷走が俺の頭を色々と駆けめぐった。こむら返りなんかなってないのが明らかな場合が度々だ。それでも俺は時間をかけて姉の脚を舐めるようにして一生懸命揉んでやる。俺のチンポはビンビンに勃起してパンツを盛り上げている。ソファーに横たわる姉はアロエオイルを指差して「これで」と言う。普段、触りたくてタマラナイ気持ちで眺めていた姉の白くて綺麗な脚にオイルを垂らして手の平が触れた瞬間、目がくらむ程クラクラっと脳震盪を起こしたような衝撃を頭に受けた。俺は何事も無いかのように装い、肘も使って腕全体で太ももを両手で抱えるように撫で回した。オイルで滑らかな肌触りの脚の感触は、揉んでいる自分が天国に昇る心地で頭はグラグラした。右足を揉むように言われたが左足も揉んでくれ!と言われ、左右交互に揉んでいった。オイルでヌルヌルした柔らかな白い姉の足を揉んでいると天国か?極楽か?と、思うほど陶酔していつまでも、このまま終わらないでいて欲しいと願う程、酔っていた。 エロ体験談で抜けるコピペ
未亡人の私は、夫の遺影の前で息子に抱かれました

私と同じ様な人がいるのかと思うと、私も聞いて欲しくなりました。私の主人は62才で脳溢血で亡くなりました。その時私は52才。 息子の英一は独身の28才でした。その英一とは主人が亡くなるその1年前くらいから、男と女の関係になっていました。きっかけは単純なものでした。 主人が留守のある夜、2人でテレビを見ていました。その時かなり激しいベッドシーンが映りました。それを見ていてなんとなく気まずい雰囲気が生まれていまし

離婚して落ち込んでいた姉を俺のち*こで慰めた

姉とは、異性に対して内気という性格が似ていた。たぶん姉が処女を失ったのは大学に入ってから、はじめてできた彼氏とだ。俺はその頃バリバリの童貞君だった。友達とふざけて姉のパンツを盗み、被ってふざけていたようなレベル。我が家は親父も母も俺も姉もみんな風呂あがりは何も隠さずまっぱで部屋をうろつく。だから姉の裸は別段めずらしくも無い。...

お詫びに体を提供してくれた人妻

 いまは引越したが、分譲賃貸のマンションに住んでいた事がある。分譲賃貸というのは分譲で売られたマンションを買ったオーナーが管理会社を通じ賃貸希望者に貸しだす。オーナーにとって、投資目的のマンションである。 基本的には家族世帯が住むマンションで、3LDKとか2LDKとか一般的な間取りの物件が占めている。そのマンションの低層階にはワンルームの部屋があり、独身の俺はそのワンルームの部屋を借り住んでいた。...

車の中で眠っている同僚の彼女に、こっそり挿入して中出しも…

その子は会社で美人で評判の女で、スタイルも良く性格も明るい人気の子です。 その日は会社の旅行があり現地集合でした。 私は、同僚とその彼女と3人で車で現地に向かいました。 前からチャンスをうかがってた私は、睡眠薬といくつかの道具を持って旅行に向かいました。その旅行は土曜から日曜で金曜に会社が終わって、家に戻って夜に出発しました。...

息子の嫁が風俗嬢だったときの父親の対応は…

私は55歳になる、真人といいます。妻とは5年前に離婚し、バツイチとなりました。自営業を営んでおり、1人でゆっくり時間が過ぎていく生活をしていました。そして、半年前に30歳になる一人息子隆はまだ23歳と若いお嬢さんと結婚することとなりました。 お嬢さんは真由美さんといい、二十歳で専門学校卒業後、派遣の仕事をしていたそうです。そのときに息子と仕事の関係で出会い、結婚にいたったそうです。...