【近親相姦】姉と同居するようになって姉とヤリたくて仕方ない!~後編~

27 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 17:59:22.51 ID:iFsGfZje0 [9/15]>>8 >>12 >>13 >>17 >>18 >>19 >>20 >>21 >>23 >>24 >>26の続き俺は姉の白くて綺麗で細っそりした脚を揉むのはたまらなく好きで、姉はアロエオイルを脚に塗ってマッサージをしてくれ!と、言う。俺は喜び勇んで飛び付くように姉に寄り添い、上半身裸になって短パンを脱いでパンツ一つになって一生懸命揉んでやる。オイルが短パンに染み込んで無駄になるので俺はパンツ一つになるんです。マッサージは長ソファーでする事になっていて俺は姉をお姫様抱っこで抱き上げてソファーに横たえて、うつ伏せにした。可愛いお尻が丸出しで、この上にチンポを擦り付けて発射したい。と、欲望を満足させる迷走が俺の頭を色々と駆けめぐった。こむら返りなんかなってないのが明らかな場合が度々だ。それでも俺は時間をかけて姉の脚を舐めるようにして一生懸命揉んでやる。俺のチンポはビンビンに勃起してパンツを盛り上げている。ソファーに横たわる姉はアロエオイルを指差して「これで」と言う。普段、触りたくてタマラナイ気持ちで眺めていた姉の白くて綺麗な脚にオイルを垂らして手の平が触れた瞬間、目がくらむ程クラクラっと脳震盪を起こしたような衝撃を頭に受けた。俺は何事も無いかのように装い、肘も使って腕全体で太ももを両手で抱えるように撫で回した。オイルで滑らかな肌触りの脚の感触は、揉んでいる自分が天国に昇る心地で頭はグラグラした。右足を揉むように言われたが左足も揉んでくれ!と言われ、左右交互に揉んでいった。オイルでヌルヌルした柔らかな白い姉の足を揉んでいると天国か?極楽か?と、思うほど陶酔していつまでも、このまま終わらないでいて欲しいと願う程、酔っていた。 エロ体験談で抜けるコピペ
嫁より艶っぽい農家の義母

私は3年程前に結婚しました。妻は一人娘で、しかも実家は農家だったんです。もちろん、結婚の条件は私が婿養子として妻の両親と一緒に暮らす事でした。そんな妻の両親は10歳も年の離れた夫婦で、義父が57歳、義母が47歳。 義父は公務員として働きながら家の農業をしていたんですが、農業は義母がメインで行っているようでした。...

20年ぶりという嫁の母に、お風呂でバックから挿入した

昨年結婚しましたが、うちの嫁さんは母子家庭で嫁さんの義母・54歳と同居する事になった。元々、結婚前の付き合っていた頃から義母からは気に入られていたのですが、男と女の関係なんて考えてもいませんでした。今年初めて3人で正月を迎えたときの事でした。普段は飲まないお酒を義母は飲んでしまうと、ほんの1口2口で義母は全身が赤くなり、酔っていました。...

義姉のミニスカートに制御不能に

 先月 バイトも休みでお金もないので実家へ帰りました。実家は両親と兄夫婦が2世帯で暮らしてて 兄は長期研修で留守でした。その週末に地元のお祭りがあり、昼頃に両親と31歳の兄嫁と行き軽くビールを飲んで僕だけ帰ることにしました。 16時頃まだ友達といる両親を残し兄嫁が帰宅すると、結構飲んだようでテンションが高くなってました。短めのスカートで座った姉は足が開いて ピンクのパンティが見え「義姉さん パンテ

先生のいない診察室で、レズの看護婦さんにイカされてしまいました

これはOLの私が喉をこわして病院にいったときの話です。私は高校時代バンドのボーカルをやっていたので喉を大切にしていました。でも風邪をひきはじめには必ず喉にくるんです。高2の春、季節の変わり目に私は風邪をひき、近くの小さな病院にいきました。丁度診療時間終わりぎりぎり(もしかしたら時間すぎてたかも)で、いつもより病院内は静かでした。...

彼女が寝ている横で、彼女の女友達と何度もやってしまった

俺、土曜日にカノの女友達の誕生日祝いにカノ(恵美子)と2人で、カノの女友達(里佳)のマンションに行ったんだ。3人ともカナーリ飲んで、恵美子はすっかり酔いつぶれて寝てしまった。それからしばらくして里佳がトイレに行ってフラフラな足取りで戻ってきたんだけど、俺の横に座ってこう言ったんだ、「ねぇ、わたしにも池田君の・・・見せて~」と。俺はハァ?と思った。...