【近親相姦】姉と同居するようになって姉とヤリたくて仕方ない!~後編~

27 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2012/09/22(土) 17:59:22.51 ID:iFsGfZje0 [9/15]>>8 >>12 >>13 >>17 >>18 >>19 >>20 >>21 >>23 >>24 >>26の続き俺は姉の白くて綺麗で細っそりした脚を揉むのはたまらなく好きで、姉はアロエオイルを脚に塗ってマッサージをしてくれ!と、言う。俺は喜び勇んで飛び付くように姉に寄り添い、上半身裸になって短パンを脱いでパンツ一つになって一生懸命揉んでやる。オイルが短パンに染み込んで無駄になるので俺はパンツ一つになるんです。マッサージは長ソファーでする事になっていて俺は姉をお姫様抱っこで抱き上げてソファーに横たえて、うつ伏せにした。可愛いお尻が丸出しで、この上にチンポを擦り付けて発射したい。と、欲望を満足させる迷走が俺の頭を色々と駆けめぐった。こむら返りなんかなってないのが明らかな場合が度々だ。それでも俺は時間をかけて姉の脚を舐めるようにして一生懸命揉んでやる。俺のチンポはビンビンに勃起してパンツを盛り上げている。ソファーに横たわる姉はアロエオイルを指差して「これで」と言う。普段、触りたくてタマラナイ気持ちで眺めていた姉の白くて綺麗な脚にオイルを垂らして手の平が触れた瞬間、目がくらむ程クラクラっと脳震盪を起こしたような衝撃を頭に受けた。俺は何事も無いかのように装い、肘も使って腕全体で太ももを両手で抱えるように撫で回した。オイルで滑らかな肌触りの脚の感触は、揉んでいる自分が天国に昇る心地で頭はグラグラした。右足を揉むように言われたが左足も揉んでくれ!と言われ、左右交互に揉んでいった。オイルでヌルヌルした柔らかな白い姉の足を揉んでいると天国か?極楽か?と、思うほど陶酔していつまでも、このまま終わらないでいて欲しいと願う程、酔っていた。 エロ体験談で抜けるコピペ
満員電車で密着した姉の、尻のワレメにはさまれてしまった俺のち*ぽ

井の頭線上り渋谷ゆきは今日も通勤通学客でいっぱいだ。「しょうがねえナア」と舌打ちしながらも、俺は最先頭車両へ急ぐ。 混雑度合いが更に激しい1番前のドアに乗り込む。これ以上乗れないよ、という状況から俺の後ろに一人乗り込んできた。 「ちっ…」悪態をつこうとしたが背中越しに若い女性らしいことがわかり「まぁ、いっか」という気になる。...

大学に通うために家を出る僕に、兄嫁のくれた餞別は…

僕の実家に死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵がありました。兄の結婚を契機に蔵を改築し、 僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。 食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。 冷暖房も完備されていたので、快適でした。...

カップルに3Pを誘われたので、彼氏よりぶっといち*ぽで彼女をヒーヒー言わせてやった

私にとって最高のHとは、2年程前に経験した3Pです。  ある日、暇潰しがてら某2ショットチャットに入っていた時のことです。ある女 性(雅代)が彼氏(英樹さん)と一緒に3Pしたいから相手をしてくれませんか?とチャットで話し掛けてきました。 彼氏と一緒に3P?変わったことを言うなぁと思いながら話を聞いてみました。...

元妻の姉とエロ仲になり重宝している

 俺の別れた元妻には姉がいるのだが、元妻と離婚した途端にやたらと連絡してくるようになった。義姉は41才で結婚はしているが子どもはいないので、どうやら時間も体ももてあましているみたいだった。 そしてここ数ヶ月、パチンコをやって勝つと飲みに行こうと誘いの電話が頻繁に来るようになったのだ。俺もひとりで飯を食うよりはと思って、待ち合わせて近所の居酒屋で飲むようになった。いつも派手な化粧をして、年齢に合わない

フィリピーナに親切にしてあげたら、お礼に肉穴を…

今から7年位前の冬の話し。 当時まだ独身で、漏れ的にテレクラにハマっていた頃。その日も仕事が終わっていそいそとテレクラいって、アポとったんだけど、結局スッポ。 時間も、12時過ぎていたんで店に戻ってもムリかななどと、 思いつつ、なんとなくあきらめ切れなくて車で街を流してた。...