高校の時、友達のオカンとやってしまった【熟女体験談】

高校3年の夏休みのこと。友人のTとSと「一緒にN図書館に行こう」と駅で待ち合わせしたのに、一向にSが来ない。Tに語らいSの家に行く事にした。Sの家はN図書館から20分位のところにある高級住宅地。玄関ブザーを押すとSのお母さんが出てきた。小柄で白いブラウスに茶色のスカート、そして素足に白のサンダル。上品そうなお母さんだ。約束していたことを話すと、早朝に父と渓流釣りに行ったとのこと。「ごめんなさいねえ 秘密のH体験談告白