成人祝いにお酒を飲ませたら

ある日、二十歳になった後輩をうちに呼び、成人祝いにお酒を飲ませた。話が弾み、気が付いたら大の字になって寝ていた。彼女はまだ飲んでいて、俺が起きたのに気付くと、「せんぱーい」と言って俺の股間を枕にするように横になった。感触を確かめたかと思うと頭を上げ「酷いじゃないですか~一人で寝るなんて~」と言いながら股間をさすり始めた。俺は慌てて股を閉じようとすると、彼女は俺の左脚を押さえた。「飲み…過ぎw」俺は 大人のえっちな体験談&告白