炊き出しボランティアでホームレスにレイプされて…

私の名前は中ノ島若菜と申します、自慢の長い髪の毛は金髪ですが、これでもれっきとした日本人ですよ、実は母方の祖母がフランス人でして、どうやら髪の色は祖母から受け継いだみたいなのです、ちなみに18歳で、この春に短大に入学したばかりなんですよ。この歳で恥ずかしい事みたいですが、今まで私はずっと親に見守られてきまして、学校の登下校も車で送迎され、友達と外で遊ぶという事はありません、あっても監視の目がある環境ばかりで、本当に箱入り娘として育ってき...続きを読む 関連記事JCの後をつけてエレベーターで脅して非常階段で処女ゲットした JCの後をつけてエレベーターで脅して非常階段で処女ゲットしたエッチ体験談。 レイプ物いきまーす。嫌いな人は飛ばしてねっと。 春休みでJKもJCも私服姿になってしまい、かなり欲求不満だった今日の午後。 車でなんとなく郊外を流していると、部活にでも行ってきたのかセーラー服の多分JCを発見。 ちょうどでかい古い団地付近だったので「もしや」と建物回り込んだところで路駐あんど玄関にダッシュした。 玄関ホールやエレベーター付近にJCの姿が見えず「し...続きを読む... 万引きを目撃し小学生を脅して犯してペットにした ポンさんから投稿頂いた「万引きを目撃し小学生を脅して犯してペットにしたエッチ体験談」。 みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です! エッチ体験を投稿する   電車に乗りそびれ遅刻が確定したある冬の日。 俺は学校をサボってフラフラしていた。 制服で町中歩いていても意外と補導などされないもんだなと思いつつ暇つぶし目的でコンビニへ。 雑誌を立ち読みしていると小学生位の女の子が不審な動きをしているのに気が付いた。 商品を持ちつつ...続きを読む... 電車の中でチ●ポ触られて痴女にトイレで中出しした KENさんから投稿頂いた「電車の中でチ●ポ触られて痴女にトイレで中出ししたエッチ体験談」。 みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です! エッチ体験を投稿する ちょっと前の出張先での出来事。 代理店を訪問し、ホテルへ帰るため電車に乗った。 ちょうど帰宅ラッシュに掛かる時間帯で電車は混み始めた。 各路線が乗り入れる中心的な駅まであと4駅という所で、学生や社会人で電車はほぼ満車となった。 俺は、カバンはショルダーストラップで襷掛けに掛け...続きを読む... みんなのエッチ体験
オナニーしていた母に後ろから挿入したら、父と間違えた母は・・・

去年の7月から、母さんとSEX出来るようになりました。 母さんは32歳で、小泉今日子に似ています。親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。 僕は、おととし、中学に入ってから、オナニーを知りました。最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてオナニーしてました…...

未亡人になった美人な奥さん

 美人の奥さんで、実はその御主人の告別式だった、僕は奥さんを見つめていた悲しく涙の顔、近くにいて支えてやりたいと思うほど、その顔は寂しく倒れそうに思えていた。 告別式で弔問客が退出時に挨拶をする、僕は奥さんの正面で顔を見つめ言葉は出さず、その目を見つめていたが、他の方々が後から出てくるのもあり、僕は少し離れた場所で奥さんを見つめていた、他の弔問客に頭を下げてから、視線が僕と合っていた。...

寂しんぼで甘えんぼな五十路義母がキスをせがんでくる

昔から女癖が悪かったらしい嫁の父親は、51歳の時に外に女を作り出ていってしまった。五十路にして一人残された寂しい義母を慰める私と嫁しかし、密かに私は義母に邪な思いを抱いていたんです。初めて義母の孝子を見た時から嫁の母を抱きたいと思っていました。あれは夏場でロングワンピースを着た義母はムチムチした豊満な体つきに大きな胸を垂れ下げていたんです。薄手のワンピースで歩く度に揺れる義母の巨乳に釘付けになってい

初めての不倫セックスで勢い余って危険日に中出しされた人妻

夫婦の営みがない寂しさもあって、レディコミを観ながらオナニーで慰める日々が続いたのですが、それでも満たされず、半年程前から夜中に出会い系で、テレホンSEXを楽しむようになりました。あくまでHな会話をしてテレホンSEXを楽しむだけ、電話の向こうから「会いませんか?」と誘いを何度も受けましたが、不倫をする勇気なんて・・・つい一ヶ月前までありませんでした。そんなある日、彼(31歳)はソフトな語り口で会話

犯されたのに媚薬の効果で自分で腰を振っていた

去年の夏休み、あたしは女友達の夏美と2人で海に出かけていました。彼女とは親友で、大学時代はよくドライブに行ったり、海辺で色々と悩みを相談しあったりしていました。その日は海開きの日ということで、暗くなりかかっているにも関わらず大勢の人で賑わっていました。あたし達はいつものように泳ぐわけでもなく話をしていたのですが、2人の男の子が声を掛けて来たんです。彼らが言うには、あたし達の車は砂の柔らかい部分に入