失恋で不安定な精神状態で…寝台列車の中でオジサンと行きずりのセックス

高校時代に付き合い始めた彼氏と別れ、傷を癒すため寝台列車で実家に向かいました。そのとき19歳で、大きい失恋は初めて。一人暮らしをしていて、部屋に1人きりではさみしくて耐えられない精神状態でした。 寝台列車は何度も乗ったことあったけど、これまでで1番乗客が少ない気がした。「さ、財布がない!」自分の部屋に到着してすぐ気づいて、あ〜悪いことって続くんだなぁ、さらに落ち込みながら通路に戻ると、おじさんが「もしかしてこれ?」と財布を渡してくれた。...続きを読む 関連記事本屋で目が合ったかわいい店員の男の子とトイレでセックスしちゃった 本屋で目が合ったかわいい店員の男の子とトイレでセックスしちゃったエッチ体験談。 「本屋さんの彼。」 あたしは22歳のOLです。最近友達に借りたレディコミがきっかけで、レディコミにかなりハマってます。 今日、たまたま仕事が早く終わったので、お家に帰って久し振りにゆっくり時間を掛けてオナニーでもしようかな、と思って本屋に寄り道したの。 レディコミ立ち読みながら物色してたら、レジにいた学生っぽいオトコの子の店員さんがあたしをじろじろ見て来たの...続きを読む... おじさんにレイプされてからおじさんとのセックスにハマり、超エロい体になった ※途中まで?です・・涙 私の家は、父が単身赴任で母と二人暮らしだった。母は専業主婦で、平日は母と二人きり。でも休日は母と父が二人そろっていた。 その日は赴任先から帰ってきた父が母と、久しぶりに旅行に行くというので私は土日なのに一人淋しく過ごすことになった。私は家にいても淋しいから、とりあえず買い物に行こうかと思い出掛けることにした。 昼頃に帰ってきたら、家の裏に住んでいるおじちゃんが私の家に前にいた。 「あぁ、あゆちゃん。ちょうど回覧板...続きを読む... 同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまい… 同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。 相手は某ドラックストアの社員の宮田さんです。彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・ 宮田さんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。 間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、 「だめ・・・ちょっ、・・ちょっと待ってください・・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじ...続きを読む... みんなのエッチ体験
田舎に行ったとき、未亡人の義姉のパンティをずらして生挿入してきた

考えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。それは40歳夏の昼下がりのことだった。妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、義姉は一人暮らし、まだ45歳の女盛りだ。...

上品で聡明な義母に、酔って妻とのSEXの不満をぶちまけたら・・・

俺は、結婚して2年になる28歳の男だ。妻は、某市立病院の看護婦で、母ひとり子ひとりの家庭だった。もともと父親はいたが、結婚する半年前に、ガンで亡くなってしまった。妻の親もまだ若かったので、結婚しても当然別居して暮らすつもりであったが、そういう事情で母親と同居することになった。...

俺が巨根だと知って入れてほしがるナースに、ズブリと・・・

20歳の夏、朝シャワーを浴びていると、急に背骨が痛くなり動けなくなった・・・。救急車を呼ぶと、盲腸と診断。そのまま入院となった。5人部屋の病室に寝かされ、翌日手術ということで、下の毛を剃りに看護婦(美咲さん)がやってきた。美咲「増田さん、ちょっと恥ずかしいけど、明日の準備しますね」(やべぇ~、若いじゃん!しかも可愛いし・・・大きくなったらどうしよう)...

娘を連れてキャンプに参加したら、知り合いのお父さん達にイカされてしまいました

36歳のパート兼主婦です。8月も終わりに近くになり、パート先の人に誘われて一泊二日でキャンプに5歳の娘を連れて行きました。グループ全部で10人。男性4人と私とパート先の友達2人で子供は4人でした。昼は川原で遊び、昼からビールを飲んで良い気持ちでした。夜はみんなでバーべキューして、子供達は10時ごろ寝ました。子供が寝てから6人で、二次会が始まりました。...

ノーブラノーパンの刺激は女の特権

 昨夜ビジネスホテル(都内某所)に泊まりました。夜中に寝付けなくて、2階の自販機までビールを買いに行くことにしました。ホテルに備え付けのパジャマはロングシャツ形式で、ズボンではなくむしろネグリジェ的な長いものを着るのですが、 その下はノーブラ、パンティは着用という格好。もう午前1時を回っているしきっと誰もいないだろうと楽観視し、エレベーターに乗りました。驚いたことに開いたドアの中には40代後半の男