6/7)単身赴任先でオカズのしていた女の子と不倫してしまったエッチ体験談

5/7)単身赴任先でオカズのしていた女の子と不倫してしまったエッチ体験談の続き 事が終わってピロートーク。 Kさんは相変わらず俺の横にピトっと寄り添う。 だが俺に容赦なく押し寄せる賢者モード。 この場合「疲れたから寝る」じゃなくて「不倫やっちまったぁぁぁ」の方だ。 「・・・ちょっとぉ~、俺くん空気重いよ。大丈夫ですよ気まずくなんかならないですから」 確かに次の日からKさんにどんな顔して会おうとかの心配はしてない。 Kさんの普段の明るいノリなら多分普通に会社でも話しかけられる。 問題はKさんがまだグイグイ『抱いて!』モード全開なことだ。 今抱きしめたら「今後もKさんと不倫したい!」のOKサインになってしまう。 我に返ればお互いこれ以上の不倫はやめた方が良い。 ・・・でも寄り添うKさんの体柔らかいよぉぉぉ 抱きたいのを必死にこらえつつ、何気ない会話で服を着るのを促す。 カリオストロのルパンがクラリスを突き返した時の気持ちがよ~く分かった。 そして布団の中で世間話しつつ、お互い寝落ちみたいな感じで就寝した。 2日目。 Kさんが布団に入ってきた衝撃で起きた。 6時15分。 見るとKさん、鼻をかんでる。風邪ひいてしまったらしい。 Kさん「ごめんなさい起こしちゃいましたね」 俺「大丈夫ですか?」 Kさん「あ、もともと風邪気味だったんで大丈夫です」 小悪魔が去り、口調はいつものKさんに戻ってる。 でもかなり眠そうだし風邪きつそう。 「げほっ、げほっ」 Kさんが咳き込んで、俺は思わず背中をさすろうとする。 って、しまった。 なに密着してんだ俺。 ガマンしてたのに自分から柔らかいの触ってどうするんだ。 鼻先にKさんの頭。 シャンプーとKさんの交ざった匂いが伝わってくる。 やばいー、したくなってきたー。睡眠で性欲が充電されてるー。 耐えようとして思わず手をピタッと止める俺。 Kさん「ん?どうしたんですか?」 俺「本当に今日休みだったら、多分またシちゃってましたねこれ・・・」 何素直に答えてんだ俺。 「フフ・・・ですよね」Kさんが優しく笑う。 その少し微笑んだままで、じっと上目遣いでこっちを見つめてる。 ヤバイ。素人でも分かる。これは「いいですよ」のサインだ。 俺脳内「シたいけど、シたら我慢した意味ないし、でもシたいし、でもお互い相手がいるし、あ~でもシたい~~~」 そのとき『ピリリ!ピリリ!』と携帯。 ビクッとしてKさんから離れ、携帯を取る。 俺脳内「げっ、課長!?」 めったに掛かってこない課長から、ありえない時間に着信。 慌てて部屋を出て応対。ドラマかよこれ。 電話終了。 Kさん「I課長?」 俺「はい、荷物探してるけど見つからないとかで」 Kさん「めっちゃ出社早いですねw」 あ、何布団に戻ってんだ俺。 いきなりの着信に動転してた。近い近いよKさん。 やばいー、したくなって(以下同文)。無限ループって怖くね? しかしジレンマを遮ってまた着信。また課長に助けられたのか? ディスプレイ『 妻 』 げぇーっっっ!!!静かにかつ俊敏に俺は布団を抜ける。 隣の部屋で心を落ち着けて応答。 妻「おはよ!起きてた?北は雪積もってるけど、そっちは大丈夫かなと思って」 午前7時。外を見ると確かに周りが白い。 俺「あ、確かに渋滞するわこれ。ありがと!早めに出るよ」 通話終了。 不倫の朝のモーニングコール。だからドラマかよこれ。 誰かに見られてるような変な気分になりつつ、そっと寝室を覗き込む。 Kさんはすうすう眠ってた。 風邪だし寝てないんだし、このまま休ませてあげよう。 俺は仕度を始めた。 続き 7/7)単身赴任先でオカズのしていた女の子と不倫してしまったエッチ体験談 ※12時頃更新予定 みんなのエッチ体験
会社の先輩に一晩で何回もイカされた

 こないだ会社の先輩とエッチしちゃったんですっ!!最初はそんな気全然なくて先輩が遊びに行こうって言うんで夕方に待ち合わせ。二人でお買い物したりしてフラフラしてから居酒屋へいったんですっ。 別にそんなの社会人だしいちいち気にしないし・・それがまさかエッチしちゃうことになるなんて・・飲んでるときはそんなに飲みすぎたって気はなかったんです。チューハイ3杯だったし・・でも、いざ歩き出したら足に力はいんなく

彼女の母親の、弱みを握ってハメさせてもらいました

俺は高校2年。サッカー部に所属し1つ先輩のマネージャーである香奈先輩と付き合っています。香奈先輩は美人で明るく、ほとんどの先輩が狙っていて人気の的でした。そんな香奈先輩から付き合ってほしいと言われ、俺は優越感でいっぱいでした。付き合っている事は皆には内緒にしてほしいと香奈先輩に言われたので、俺達はこっそり会っていて、それがまたドキドキしてなんとも言えない気分でした。...

友達のお母さんにボッキしたら、初体験させてくれました

小学に入学してすぐに親友の俊彦と仲良くなった。俊彦の母は身長が165~170cmくらいあり、とても清廉な母だった。おっぱいもDからEカップくらいです。毎年、夏休みにお互いがお互いの家に遊びに行く仲だった。小学4年の時の夏休みに俊彦の家へ遊びに行った時のことである。 午前10時前に行ったのだが、俊彦はおもちゃ屋の広告に出ていたゲームソフトをどうしても買いたいらしく、1時間ほど待ってくれと言われた。...

隣の人妻とウチの嫁を交換してみたら、もう癖になりそう…(1)

俺は28歳のサラリーマンで、大学の頃から付き合っていた真美と2年前に結婚した。ついこの間、双方の親から多少の援助もあって小さいながらも戸建ての家を買った。真美は26歳でちょっと人見知りなところが可愛らしい、黒いロングヘアーが似合う清楚な感じの嫁だ。芸能人で言えば、宮崎あおいが近いかもしれない。仕事はそれなりに忙しいが、まだ子供もいない事もあって二人で楽しく過ごしていた。 始めたばかりのゴルフもお互い上達

ご無沙汰だったフェラや挿入に満足

 農家に嫁いでた友達からバイトに来ないかと聞かれ、主人もいいと言うので行くことになりました。大きな農家で友達と旦那さんが分担して仕事をしていて、私は旦那さんのお手伝いをするように言われました。 単純な仕事なので、私が選ばれ旦那さんは大きな機械に乗って作業をし 自宅からはかなり離れた畑で毎日していました。連日作業をしてると腰に痛みが出て、休憩時間は旦那さんと二人で休んでましたが、マッサージしてもらえ