こんなに勃起して気持ちいいいんでしょう?と看護師さんにいじめられて…

懐かしい高校3年の当時の体験です。体中に発疹ができてしまい皮膚科にかかった時のことです。診察の結果はホルモンバランスが崩れているとか何かだったと思います。飲み薬と軟膏薬が出され1週間に1回のペースで診察を受けていました。そして、約一ヶ月が過ぎようとしていた頃のことです。 とんでもない恥ずかしい体験をすることになったのです。土曜日の午後、いつものようにトランクス1枚だけを身に着けた状態で、診察をうけました。医者が言うには、ほとんど治ってき...続きを読む 関連記事近所の女の子とどうやったら子供ができるかを、エロ本片手にいろいろやっていた 小学四年ぐらいかな・・・ 近所に住んでた二つ下の年の女の子とよく遊んでて、その子の家で遊んでた時にたまたま、その子の親が出かけて遅くなるので一緒にいてほしいと頼まれた。 遅くなると言っても、昼間の3時から5時ぐらいまでの間の留守番だった。 最初はパズルなんかしてたんだけど、すぐ飽きてしまって布団の中にもぐって二人で、はしゃいでいた。 その時に、子供の作り方の話になった。 なぜかというと、その子の親が妊娠していたからだ。 僕は、学校で習っ...続きを読む... 姉に脅され姉の友達の前でオナニーをさせられて…調子にのった童貞に怒った悲劇 俺が中2、姉が19の頃だったんだけど、当時の俺は「投稿写真」(厨房向けのアイドル誌、つーか厨房用エロ本)の「お便り卓球ペン」でオナニーっていうのが最高のおかずだったんですよ。 で、冬の寒い時期に、部屋のコタツでオナニーしてたら突然、姉が入ってきたんですよ。 とにかくダッシュでナニをしまい「投稿写真」を隠すことには成功して緊張しながらも平静を装ってたんです。 そしたら、姉ちゃんが俺の勉強机の椅子に座り込んで、 「あんた、今なにしとったの?...続きを読む... 初めての射精はクラスの人気者の女の子に顔射 小6の時かな、プールの時間で男女1組くんでクロールの見せ合いをした。 それで僕が組んだコはクラスの中でも一番発達してると評判だった仮名美羽ちゃんだったんだ。その子は体育の陸上競技でも体操着のしたからでも乳房は上下に大きく揺れるのでクラスの男子のエッチのネタの標的の的だった。 まず僕がクロールを見せてから美羽のクロールをみた。しかし美羽ちゃんは水泳が苦手らしく沈んだり浮いたりひどいもんだった。 美羽「ちょっと〜O君私の体支えてよ〜」っとい...続きを読む... みんなのエッチ体験
マンコがヒクヒク絡みつく50代の義母【熟女体験談】

妻の母、義母はもう50歳。でも油ののったエロくて官能的な熟女なんだなーHしたくてたまらない豊満スタイル。女房の出産の後、一週間くらい俺の身の回りの世話のために家に泊まってた。女房が出産した日の夜、俺の家で義母と二人で祝杯をあげ、あれこれと話をして、気が付いたら夜もふけていた。ピンク色に頬を染めた50代の義母はすっかり気持ちが良くなったようで、茶の間でこたつに脚を入れたまま横になっていた。そこで寝室に布

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談。 姪の志織に狂っています。 今、小学6年生なのですが、ほぼ毎日、セックスしています。 今日も昼間、マンションに来ていたのですが、2時間ほどの間に2回もセックス The post 小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談 appeared first on エッチトーク体験談.

【目撃えっち体験談】高校生の兄とJSの妹が近親相姦の上、妊娠してしまった。

私には小学生になる娘と、高校生になる息子がいます。 6年生の11月も終わりを迎えた頃、今まで凄く元気で明るかった娘の真里恵が急に元気がなくなり、食事も...

アラフォーなパートさんの谷間がたまらん

 今日、パートさんを襲った。小さな会社なので皆私服で勤めているんだけど、5つ年上のアラフォーの主婦が、俺だけではないけど会話をする時や仕事中によく胸を突き出す仕草をする。 デカくはないがパッドのおかげもあってか胸が張り出すんだ。しかも首元が少し広めのシャツだから仰け反ったときなんか谷間が見える…子供もいてご主人とも不仲ではないようだが、愚痴は多い。...

店長ですが、パートの主婦が万引きしたのでお仕置きしました

俺はある大手スーパーの店長。パートで働いている30代主婦の9歳位の子供がお菓子を万引きしたのを偶々目撃した。この事を伝えるとパート主婦は真っ青に。学校、警察にだけは伝えないでください。と。 彼女は里香という名で巨乳で癒し系の人妻だ。 前々から気になっていた存在。倉庫に呼びつけ、それは里香さん次第だね!と語気を荒げて里香の反応を待った。里香は察したらしく俯いたまま小さく頷いた。...