他に好きな子が出来てしまった彼と最後のセックス

最後のSEX、付き合っていた彼が他の女の子になびいてしまって  付き合いが長くなって安定感はあるものの、刺激が無かったのとか まぁきっとぶっちゃけると、私にはもう飽きてしまってその子との 恋愛が楽しくなっていたんだろうね。  一緒にいても、彼がつまんなそうにしていたり隠れているつもりなんだろうけれど 携帯でこそこそと連絡を取り合っていたり、財布に二人で撮ったらしいプリクラとか 携帯に二人でくっ付いたりキスしている画像があったり。 私も辞...続きを読む 関連記事バンド仲間のカップルの彼女を騙して彼氏より先にいただいちゃった 今から14年前の話です。 当時僕達は17才の高校3年でした。 同じクラスの男子4人女子1人で、バンドを組みました(ボーイのコピーです) かなり仲がいいグループだったのですが、 メンバーの一人が女子メンバーと付き合う事になった時から、 メンバー内の関係が変わってきたのです。 練習中もイチャイチャしだすし、 他のメンバーがやる気がなくなって来たので、 僕は一人ずつ話を聞くと言う名目で(一応リーダーだったので)家に呼ぶ機会を作りました。 先に...続きを読む... 高校の臨時講師をしてた時…突然女子生徒の訪問&誘惑されて… あれはもう3年も前のことです。 私は35才でまだ独身で高校の英語の臨時講師をしてた時のことです。 康子は私の受け持ちクラスの女子で私になつき、授業の時はいつも熱っぽい目で私の授業を一生懸命に理解しようとしていました。 生徒が教師に擬似的な恋愛感情をもつことはよくあることで、私はその康子の気持ちに火をつけることのないように注意していました。 期末試験が近づいていました。 先生「わからないところがあるから教えて下さい」といって、その子が私の...続きを読む... 精通もまだなのに保健室の先生にパックリ咥えられて童貞卒業 確か小4か5の頃だったと思う。 俺は当時、ませてるって言うのとは違うけどエッチな事に興味しんしんだった。 いつの間に覚えたのか、精液も出ない頃からオナニーをしてた。 でも顔がすごく幼くてちょっとコンプレックスだったけど、そのおかげでいい思いもした。 朝から頭が痛いまま学校に行ったけど、途中で吐き気がくるくらい痛くなり保健室に行った。その状態のままでは家まで歩いて帰るのはチョット、ということで保健の先生にベッドで休んでなさい、冷やしてあげ...続きを読む... みんなのエッチ体験
オナニーしていた母に後ろから挿入したら、父と間違えた母は・・・

去年の7月から、母さんとSEX出来るようになりました。 母さんは32歳で、小泉今日子に似ています。親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。 僕は、おととし、中学に入ってから、オナニーを知りました。最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてオナニーしてました…...

未亡人になった美人な奥さん

 美人の奥さんで、実はその御主人の告別式だった、僕は奥さんを見つめていた悲しく涙の顔、近くにいて支えてやりたいと思うほど、その顔は寂しく倒れそうに思えていた。 告別式で弔問客が退出時に挨拶をする、僕は奥さんの正面で顔を見つめ言葉は出さず、その目を見つめていたが、他の方々が後から出てくるのもあり、僕は少し離れた場所で奥さんを見つめていた、他の弔問客に頭を下げてから、視線が僕と合っていた。...

寂しんぼで甘えんぼな五十路義母がキスをせがんでくる

昔から女癖が悪かったらしい嫁の父親は、51歳の時に外に女を作り出ていってしまった。五十路にして一人残された寂しい義母を慰める私と嫁しかし、密かに私は義母に邪な思いを抱いていたんです。初めて義母の孝子を見た時から嫁の母を抱きたいと思っていました。あれは夏場でロングワンピースを着た義母はムチムチした豊満な体つきに大きな胸を垂れ下げていたんです。薄手のワンピースで歩く度に揺れる義母の巨乳に釘付けになってい

初めての不倫セックスで勢い余って危険日に中出しされた人妻

夫婦の営みがない寂しさもあって、レディコミを観ながらオナニーで慰める日々が続いたのですが、それでも満たされず、半年程前から夜中に出会い系で、テレホンSEXを楽しむようになりました。あくまでHな会話をしてテレホンSEXを楽しむだけ、電話の向こうから「会いませんか?」と誘いを何度も受けましたが、不倫をする勇気なんて・・・つい一ヶ月前までありませんでした。そんなある日、彼(31歳)はソフトな語り口で会話

犯されたのに媚薬の効果で自分で腰を振っていた

去年の夏休み、あたしは女友達の夏美と2人で海に出かけていました。彼女とは親友で、大学時代はよくドライブに行ったり、海辺で色々と悩みを相談しあったりしていました。その日は海開きの日ということで、暗くなりかかっているにも関わらず大勢の人で賑わっていました。あたし達はいつものように泳ぐわけでもなく話をしていたのですが、2人の男の子が声を掛けて来たんです。彼らが言うには、あたし達の車は砂の柔らかい部分に入