他に好きな子が出来てしまった彼と最後のセックス

最後のSEX、付き合っていた彼が他の女の子になびいてしまって  付き合いが長くなって安定感はあるものの、刺激が無かったのとか まぁきっとぶっちゃけると、私にはもう飽きてしまってその子との 恋愛が楽しくなっていたんだろうね。  一緒にいても、彼がつまんなそうにしていたり隠れているつもりなんだろうけれど 携帯でこそこそと連絡を取り合っていたり、財布に二人で撮ったらしいプリクラとか 携帯に二人でくっ付いたりキスしている画像があったり。 私も辞...続きを読む 関連記事バンド仲間のカップルの彼女を騙して彼氏より先にいただいちゃった 今から14年前の話です。 当時僕達は17才の高校3年でした。 同じクラスの男子4人女子1人で、バンドを組みました(ボーイのコピーです) かなり仲がいいグループだったのですが、 メンバーの一人が女子メンバーと付き合う事になった時から、 メンバー内の関係が変わってきたのです。 練習中もイチャイチャしだすし、 他のメンバーがやる気がなくなって来たので、 僕は一人ずつ話を聞くと言う名目で(一応リーダーだったので)家に呼ぶ機会を作りました。 先に...続きを読む... 高校の臨時講師をしてた時…突然女子生徒の訪問&誘惑されて… あれはもう3年も前のことです。 私は35才でまだ独身で高校の英語の臨時講師をしてた時のことです。 康子は私の受け持ちクラスの女子で私になつき、授業の時はいつも熱っぽい目で私の授業を一生懸命に理解しようとしていました。 生徒が教師に擬似的な恋愛感情をもつことはよくあることで、私はその康子の気持ちに火をつけることのないように注意していました。 期末試験が近づいていました。 先生「わからないところがあるから教えて下さい」といって、その子が私の...続きを読む... 精通もまだなのに保健室の先生にパックリ咥えられて童貞卒業 確か小4か5の頃だったと思う。 俺は当時、ませてるって言うのとは違うけどエッチな事に興味しんしんだった。 いつの間に覚えたのか、精液も出ない頃からオナニーをしてた。 でも顔がすごく幼くてちょっとコンプレックスだったけど、そのおかげでいい思いもした。 朝から頭が痛いまま学校に行ったけど、途中で吐き気がくるくらい痛くなり保健室に行った。その状態のままでは家まで歩いて帰るのはチョット、ということで保健の先生にベッドで休んでなさい、冷やしてあげ...続きを読む... みんなのエッチ体験
マンコがヒクヒク絡みつく50代の義母【熟女体験談】

妻の母、義母はもう50歳。でも油ののったエロくて官能的な熟女なんだなーHしたくてたまらない豊満スタイル。女房の出産の後、一週間くらい俺の身の回りの世話のために家に泊まってた。女房が出産した日の夜、俺の家で義母と二人で祝杯をあげ、あれこれと話をして、気が付いたら夜もふけていた。ピンク色に頬を染めた50代の義母はすっかり気持ちが良くなったようで、茶の間でこたつに脚を入れたまま横になっていた。そこで寝室に布

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談。 姪の志織に狂っています。 今、小学6年生なのですが、ほぼ毎日、セックスしています。 今日も昼間、マンションに来ていたのですが、2時間ほどの間に2回もセックス The post 小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談 appeared first on エッチトーク体験談.

長女の同級生のお母さんとラブホへ

さほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。今回、お話する女性もそのひとりです。今から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。その女性は英子さん、44歳。(名前と歳は後で分かったことですが・・・)長女の同級生のお母さんです。...

彼氏から教わったエロのイキ地獄

 こんにちわw。私は高3のあやかといいます♪ つい、この前彼氏とやばいH体験したので投稿しますッ。彼氏わほんとにドSで、言葉でいえないほどすごいんです! この前のHは、今までで一番イキっぱなしだったと思います。 ついこの前彼氏から電話があり、彼の家にいったんです♪ で、いつものように、おしゃべりしながら楽しんでました。そしたら、いきなり激しいDキス! あたしのまんこは、もうトロトロで…。あたしわキスだ

夜行バスで眠っていたら指とかナニとかがあそこに入ってきて・・・

夜間の高速バスは静かだ。 長い距離の移動に疲れ誰もが寝ている。 そんな中だからこそ出来る“行為”があった。くちゃ…くちゃ…照明もごく小さな豆電球に落とされた車内は、走行音以外は寝息ばかりが聞こえる。 そこに耳に届くか届かないかの粘着いた小さな水音は、同乗者たちの眠りを妨げる事はなかった。...