会員制リゾートホテルの住み込みバイトでお客さまとセックス

私が就職して2年程たった夏の話です。 当時まだバブルの余韻が残っていた頃で、俺はクレジットカードを 使いすぎて借金の残高が60万くらいになりました。、 度々返済を滞らせるようになり、返済の催促のTELが 会社にもかかってくるようになった。 仕方なくお盆休みに有給休暇を加えて長めに貰い、 短期で時給の良いアルバイトを探す事にした。 そして、とある高原の観光地にある会員制リゾートホテルに住み込みで 働くことになったのです。  現地に着き、ホ...続きを読む 関連記事風俗にいた巨乳美少女とのセックスが最高だった 風俗にいた巨乳美少女とのセックスが最高だったエッチ体験談。 霧雨の中をボクはパピヨンに歩いていった。パピヨンは送迎車が一台だけなので、店が多忙のときは、最寄の駅からのタクシー代をお店が負担してくれる。鶯谷駅や三ノ輪駅で送迎車が来るのを、恥ずかしい思いをして待つことがなく、とてもよいシステムだと思う。そこらへんがヘルス系からソープに進出してきた「パピヨン」の新感覚なところだろう。 さてお店入り、料金をフロントに支払い、狭い廊下を通って待合...続きを読む... セックスで彼を喜ばすことができなかったという娘の家庭教師に快感を教えてやった! 私♂54 N子♀28。夫婦生活も30年近くになると夜の営みもほとんど無く、かと言って投稿している人々のように、セフレを作る勇気やゆとりも無く、欲求不満を抱える日々でしたが、ついに不満を解消する日がやってきました。 3年前まで住んでいた場所に近い支店へ、3日間の出張へ行った時の事、一日目の仕事を終えて、宿泊する駅前のホテルのレストランで3年前まで高校生の娘の家庭教師をしていたN子とバッタリ出会いました。 彼女は沖縄出身で小柄でかわいい感じ...続きを読む... 女としてみていなかった幼馴染み後輩に迫られて初めての69…そして好きな子からも… 中学のころ、同じクラスにものすごくキレイなコがいた。 仮にMちゃんとしようか。 ちょっと背が高めで、透き通るような肌に、少々茶色気味の髪。 目の色も薄かったので、脱色しているのではなく、元々 色素が薄いのだろう。 Mちゃんはとても明朗なコだった。でも二年の後半くらいから、 ちょっとだけヤンキーグループに入っていたかも。俺も相当 やかましい少年だったが、ヤンキーとは無縁。よって、 俺のほうからMちゃんに話し掛けることはほとんどなかった。 ...続きを読む... みんなのエッチ体験
マンコがヒクヒク絡みつく50代の義母【熟女体験談】

妻の母、義母はもう50歳。でも油ののったエロくて官能的な熟女なんだなーHしたくてたまらない豊満スタイル。女房の出産の後、一週間くらい俺の身の回りの世話のために家に泊まってた。女房が出産した日の夜、俺の家で義母と二人で祝杯をあげ、あれこれと話をして、気が付いたら夜もふけていた。ピンク色に頬を染めた50代の義母はすっかり気持ちが良くなったようで、茶の間でこたつに脚を入れたまま横になっていた。そこで寝室に布

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談。 姪の志織に狂っています。 今、小学6年生なのですが、ほぼ毎日、セックスしています。 今日も昼間、マンションに来ていたのですが、2時間ほどの間に2回もセックス The post 小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談 appeared first on エッチトーク体験談.

【目撃えっち体験談】高校生の兄とJSの妹が近親相姦の上、妊娠してしまった。

私には小学生になる娘と、高校生になる息子がいます。 6年生の11月も終わりを迎えた頃、今まで凄く元気で明るかった娘の真里恵が急に元気がなくなり、食事も...

アラフォーなパートさんの谷間がたまらん

 今日、パートさんを襲った。小さな会社なので皆私服で勤めているんだけど、5つ年上のアラフォーの主婦が、俺だけではないけど会話をする時や仕事中によく胸を突き出す仕草をする。 デカくはないがパッドのおかげもあってか胸が張り出すんだ。しかも首元が少し広めのシャツだから仰け反ったときなんか谷間が見える…子供もいてご主人とも不仲ではないようだが、愚痴は多い。...

店長ですが、パートの主婦が万引きしたのでお仕置きしました

俺はある大手スーパーの店長。パートで働いている30代主婦の9歳位の子供がお菓子を万引きしたのを偶々目撃した。この事を伝えるとパート主婦は真っ青に。学校、警察にだけは伝えないでください。と。 彼女は里香という名で巨乳で癒し系の人妻だ。 前々から気になっていた存在。倉庫に呼びつけ、それは里香さん次第だね!と語気を荒げて里香の反応を待った。里香は察したらしく俯いたまま小さく頷いた。...