会員制リゾートホテルの住み込みバイトでお客さまとセックス

私が就職して2年程たった夏の話です。 当時まだバブルの余韻が残っていた頃で、俺はクレジットカードを 使いすぎて借金の残高が60万くらいになりました。、 度々返済を滞らせるようになり、返済の催促のTELが 会社にもかかってくるようになった。 仕方なくお盆休みに有給休暇を加えて長めに貰い、 短期で時給の良いアルバイトを探す事にした。 そして、とある高原の観光地にある会員制リゾートホテルに住み込みで 働くことになったのです。  現地に着き、ホ...続きを読む 関連記事風俗にいた巨乳美少女とのセックスが最高だった 風俗にいた巨乳美少女とのセックスが最高だったエッチ体験談。 霧雨の中をボクはパピヨンに歩いていった。パピヨンは送迎車が一台だけなので、店が多忙のときは、最寄の駅からのタクシー代をお店が負担してくれる。鶯谷駅や三ノ輪駅で送迎車が来るのを、恥ずかしい思いをして待つことがなく、とてもよいシステムだと思う。そこらへんがヘルス系からソープに進出してきた「パピヨン」の新感覚なところだろう。 さてお店入り、料金をフロントに支払い、狭い廊下を通って待合...続きを読む... セックスで彼を喜ばすことができなかったという娘の家庭教師に快感を教えてやった! 私♂54 N子♀28。夫婦生活も30年近くになると夜の営みもほとんど無く、かと言って投稿している人々のように、セフレを作る勇気やゆとりも無く、欲求不満を抱える日々でしたが、ついに不満を解消する日がやってきました。 3年前まで住んでいた場所に近い支店へ、3日間の出張へ行った時の事、一日目の仕事を終えて、宿泊する駅前のホテルのレストランで3年前まで高校生の娘の家庭教師をしていたN子とバッタリ出会いました。 彼女は沖縄出身で小柄でかわいい感じ...続きを読む... 女としてみていなかった幼馴染み後輩に迫られて初めての69…そして好きな子からも… 中学のころ、同じクラスにものすごくキレイなコがいた。 仮にMちゃんとしようか。 ちょっと背が高めで、透き通るような肌に、少々茶色気味の髪。 目の色も薄かったので、脱色しているのではなく、元々 色素が薄いのだろう。 Mちゃんはとても明朗なコだった。でも二年の後半くらいから、 ちょっとだけヤンキーグループに入っていたかも。俺も相当 やかましい少年だったが、ヤンキーとは無縁。よって、 俺のほうからMちゃんに話し掛けることはほとんどなかった。 ...続きを読む... みんなのエッチ体験
俺の巨根に欲情して、オナニーしていた義母

これは妻が出産し妻の実家に帰った時のはなし。もともと二人で住んでいたアパートが嫁の実家に近い事からオレも一緒に実家に帰る事になった。妻の母親はスナックのママ風でDカップ!洗濯のブラジャーを見たので確実!格好も若い感じのキレイ系の色気のある感じだ! 毎朝仕事に行くオレをお越しにきてくれる義母。ある日オレは不思議に思う事があった・・・。...

姉のパンティでオナニーしてたら、見つかって中出しSEXに・・・

その頃、姉は小学校の新米教員、大学浪人中の俺は姉のアパートに居候していた。イケてる、と言うほどの2人ではないが、姉と一緒に歩いているところを友達に噂されても悪い気はしなかった。姉も姉の女友達が遊びに来るとわざわざ俺を呼び出して披露するような所があった。家に置き忘れた教材を届けに授業中の姉を訪ねたことがある。遠くから気付いた姉はブラウスの胸を揺らし無邪気に笑いながら駆け寄ってきた。...

義母と立ちバックでやってたら、妻に見られてしまったが…

まずは登場人物紹介から私(幸一 35歳)ある田舎のコンビニの店長。今回の結婚は実は2回目。 妻(杏里 19歳)高校1年のときから、私のコンビニでバイト。高校2年から、付き合うようになり、高校卒業と同時に私と結婚。今月で結婚1年半。母親譲りのナイスバディで、高校1年ですでにCカップ。今では、一気に成長し、95センチのGカップ。...

結婚する息子に、思い出に2人で旅行したいと誘われた結果

夫を早くになくして、再婚もせずに息子の成長だけを見守ってきましたが、息子も大人になって、私も肩の荷が降りた気持ちでした。そんな息子が結婚する事になって、紹介されたときに、私の気持ちは複雑でした。表面上は息子の幸福を喜ぶ母親でしたが、内心は、ず~と二人で暮らしてきたので、他人の女性に取られるような寂しさも感じていたのでした。でも、息子を祝福する気持ちには、変わりありませんでした。...

貞淑な未亡人にも、たっぷりと性欲があるんですね

隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。男の出入りもなく奥さんは貞操を守り続けている様子でした。まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。玄関のチャイムがなり出てみると隣の奥さんでした。「すみません。今、お時間ありますか?実は台所の電気が切れてしまい困っているんです。変えて頂けませんか?」...