キャバで働いてた俺の美味しすぎるエロ体験記

キャバにはいる事になったのはそもそもボーイとしてではなく、事務の方だった、が1年少しした所でボーイの人数が足りないとの事でボーイをする事になる。女の子いっぱいそもそも俺はキャバクラにも行ったことがなかった、だから最初は緊張したが、そんなもんは半年で消え去り、エロい心が芽生え出す。 最初はキャストが客にオッパイ触られまくってる所を注意しながら鼻の下を伸ばしてた。だがエッチィ事をするには、まずは女の子から絶大な信頼を受けないと行けない。だか...続きを読む 関連記事クライアントの女性と飲んでいたら、股間をいきなり触られて・・・ クライアントの女性と飲んでいたときのエッチな経験のアダルト日記。 雑談をしていたら、偶然家が近いので最寄り駅で飲みましょうという話に。 25歳の彼女は、一部上場企業に勤めていて、大学から東京にきているらしい。 仕事の話から、恋愛の話まで。。 そして、飲みが深まるにつれてセックスの話も。 前の彼氏の性癖がおかしかったらしい。 いつも思うけど、他の男のセックスって、そんなにいっぱい見たことがないので、話を聞いているとおもしろい。笑 女性が、...続きを読む... 29歳の男がバイトの18歳ロリ系大学生とエッチできちゃった!が…社員の男数人食ってた話 僕が働いてる会社ではアルバイトで大学生を雇っているのですが、その中で一際胸のでかいロリな子(18歳、大学1年)がいます。その子は自分の武器をしっかり理解できてるようで、いつも胸元が開き気味のワンピースやブラが見え気味のゆるいTシャツといった格好でした。 そんな服装ということもあって、社内ではエロい目線で見られており、飲み会などでは必ず話が出てきてました。もちろん僕も例外ではなく、その子を見る度に「エロい身体してるな…」「こんな子抱きたい...続きを読む... 一人でカラオケにくる巨乳ちゃんに釘付け…4日間だけのセフレ 俺がまだ20代前半の頃、下町風の商店街の小さなカラオケボックスでバイトしてた。基本的に早番が多かったので、お客さんはじいさんばあさんがほとんど。 丁度今くらいの季節だったか。その日もいつもと同じで、2、3組のばあさんが歌ってるだけの暇な日だった。厨房でドリンクを飲んでいると呼び鈴が鳴ったのでフロントに出る。 女の子だ。しかも可愛い。20代半ばくらいだろうか。奥二重でややきつめの目元だが綺麗な顔立ちで、地味なわけでもなく派手なわけでもない...続きを読む... みんなのエッチ体験
未亡人の私は、夫の遺影の前で息子に抱かれました

私と同じ様な人がいるのかと思うと、私も聞いて欲しくなりました。私の主人は62才で脳溢血で亡くなりました。その時私は52才。 息子の英一は独身の28才でした。その英一とは主人が亡くなるその1年前くらいから、男と女の関係になっていました。きっかけは単純なものでした。 主人が留守のある夜、2人でテレビを見ていました。その時かなり激しいベッドシーンが映りました。それを見ていてなんとなく気まずい雰囲気が生まれていまし

ストッキングとパンツを強引に膝まで

料理長からミーティングやるから残るようにと 月初めに言われました。(毎月あるわけではないんですが・・)いつものように全てのホールの仕事を片付け ロッカールームに行こうとした時・・今思えばおかしいとは思ったんです。  新人のアルバイトの子と私の1つ上の先輩ふたりが 早々に料理長にお先に失礼しますって言いながら出ていきました。なんで? 私はすぐさま料理長に 今日のミーティングはなくなったんですか? と聞くと、

主任で松たか子似の人妻に生挿入しました

入社5年目の時、ちょうど定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。部署単位での送別会だったんで、参加者は少なくメンバーは退職する部長、それと課長と係長と僕。女子は秀子主任(32)、豊子(31)の計5人。秀子主任の方は仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく松たか子似なんで今後松さんと呼びます。...

熟女好きが高じて母にお願いしたところ…

19才で予備校生やってます。かねてから計画していた母と初SEXという夢をついにかなえました。僕は元々年増趣味なんですよ。中学*の頃に初めてビデオ屋でAVを買ったんだけど(本当はダメなんだけど・・・)980円均一の安売りコーナーだったからおばさんものばっかりだったんです。でも中学*くらいだと女性の年齢なんてそう関係ないですね。年寄りじゃなきゃ。...

父が亡くなったあと、淫乱になってしまった母

現在母55才、俺25才。姉が嫁ぎ、父が亡くなった三年ほど前から母は遊びが激しくなった。母は仕事が終わっても帰ってこないということもしばしば。男と遊んでることが簡単に想像できた。父の闘病看病と仕事の生活から解放されたのだから、仕方ないと思っていたが、母と同居してても自分で夕食の支度をしたりと半分一人暮らしみたいな生活に嫌気がさしていた。...