29歳の人妻女教師を騙してオナニーを教えてもらい本題のセックスへ持ち込む!

6年前、俺が中学2年生の頃の体験談です。今思い出しても俺のティムポが暴走モードに入ります。 クソ長い上に、誤字脱字があるかもしれないのでスマンコ。担任はミカって名前の女教師でした。当時の俺は、回りの不良友達に影響されて、髪の毛を伸ばして茶髪にしていました。 もちろん髪の毛を染めていた俺はソッコー生活指導。その度にミカ先生を怒らせてた。ミカ先生は29歳。 既に結婚していて、1歳の子供がいる。旦那は結構有名な人らしい。顔はまあまあだ。 身長...続きを読む 関連記事近所の色気むんむんなおばさんを想って毎日オナニーしてたら…最高すぎる筆下ろし!! その女性を意識するようになったのは、中学に上がってからだった。 近所に住んでいた35、6歳のおばさんで、その人の息子とはよく遊んでいた。 離婚をして父親が息子を連れていき、その女性は一人で暮らすようになっていた。 20代にしか見えない素晴らしい美貌と豊満な肉体・・・名前は理香。 彼女を見たら、抱きたいと思わない男はいないだろう。 事実僕は、オナニーを通算500回以上はしていたと思う。 いったん始めると2度、3度と繰り返し、終わるとベッド...続きを読む... 嫁が甥っ子の筆下ろしをしてた!!しかも甥のチンポが立派すぎてヤミツキになってやがる!! 今日から、毎年恒例みたいになっている別荘での休暇だ。と言っても、複数の会員でロッジをシェアするタイプの別荘で、とくにウチが金持ちという事でもない。でも、経営している小さな不動産事務所もそれなりに順調だし、嫁も娘も可愛くて文句がない。 その上嫁はまだ33歳だ。そして、娘もまだ11歳なので、かなり若いときに産んだことになる。私が、まだ大学生だった嫁を妊娠させてしまって、当時はけっこう大変だった。でも、こうやって結婚して今に至るし、幸せだと言...続きを読む... 宿で声をかけたOLがランクの良い俺の部屋にヤル気満々で泊まりに来たw 3年程前、まだ羽振りがよかった頃の話。 某有名温泉地に出張に来たオレは昼過ぎに仕事が終わってしまい とりあえず温泉に浸かって帰ろうと思い、結構大きめの旅館の温泉に入って見えるロビーで休憩していた。 ぼーっと窓から見える川を眺めていると、向かいのソファーに20前後くらいの女の子二人組が腰掛けて来た。 横目で見ると、一人は広末っぽい雰囲気の美人で、もう一人ははしのえみの様な感じのコケティッシュな可愛い子。 洋服はキチンと来ているが、どうやら...続きを読む... みんなのエッチ体験
主人を亡くしてから体の関係を迫られた体験談

 今36歳で5歳の娘がいる未亡人、シングルマザーです。3年前に主人を病気で亡くしました。主人が亡くなった途端にいろいろな人からのセクハラや強引な体の関係を迫られました。主人の親族や友人など。 家に訪ねてきたり、食事に誘われると「まだ若いのにもったいない。」「旦那がいないから溜まってるんじゃないか?」などと体を触られることもたびたびありました。...

瓜二つの双子の姉妹と3P体験

僕は今25歳です。ある大手の石油販売の会社員で、営業の仕事をしています。今年の11月には結婚をする予定です。先日の日曜日にゴルフの月例から帰ると、留守電が1件入っていました。僕は世田谷区の松原に住み、近くの都立の高校を卒業したのですが、その仲間から「次の金曜日の合コンに是非参加して貰いたい」というものでした。...

学校一のアイドルだった妻は、実は淫乱すぎる女だった

妻の優奈は中学の1年後輩で、めっちゃ可愛い学校一番のアイドルでした。私と同学年にも凄い清純派美人がいて、優奈と共に学校の人気女子二大巨塔を形成していました。でも私は当時、可愛い優奈のファンではなくて、同学年の清純派美人のファンでした。当時の私は、その清純派美人には美しさだけでなく、学生とは思えない女の色気を感じ、心だけでなく下半身への疼きにもやられており、彼女を想ってオナニーしていました。...

看護師へ悪戯したお返しがまさかだった体験談

 始めに記載しますが、大したことじゃないですし表現能力も悪いのでうまく伝わるか分かりません。あれは僕が新卒で就職して1年ほど経った時期でした。 もともと神経質だったのですが、仕事でのストレスにやられ急性胃腸炎と扁桃腺の近くに膿がたまって喋ることも辛く、唾を飲み込むのにも苦労した時期がありました。...

ナースと研修生がSEXしている所を覗いた体験談

 盲腸で入院した時に退院数日前、夜中にトイレに起きたんですが、トイレの後に人の声がしていた。場所はシーツとかを回収して集めている部屋のあたりでした。 灯りがあり近づくと「ダメよ」と女性が話す声が。「あの夜はどうして?」と男の声がして「飲みすぎたの…忘れて」と女の声が。「忘れられないよ…」男の声が、なんか別れ話かなんかだろうかと黙って聞いていた。...