一年がかりで口説いた念願のネトラレ…しばらく女を抱いてない飢えた50代の男

40歳の妻は若いイケメンとの単独デートを希望しましたが、私はどうしてもイヤラシくて、しばらく女を抱いてない飢えた50代の男に妻を抱かせてみたくて、なんとか口説き落しました。更にホテルの別室を希望する妻を振り切って、自宅の寝室の隣の和室部屋を選びました。 襖一枚隔てたところで、妻の喘ぎ声を聞きながら何をされているか想像し、覗きたい願望を我慢しながら自分の股間が破裂寸前まで疼き、のたまうのを味わいたかったのです。年末にその願望はやっと叶いま...続きを読む 関連記事女グセが悪い上司に妻が狙われていると思ったが、酔いつぶれて寝たふりをしてみたら… 私たち夫婦は結婚2年目で子供はいない。 私は28歳、妻は26歳と若くまだまだ新婚気分だ。 妻はタレントの吉岡美穂にそっくりの美人でB-88、W-60、H-92と抜群のプロポーションだ。 ある日上司と飲む機会があり、私の自宅が近かったこともあって、是非うちに寄って妻に会いたいと言い出したので、少し上がってもらう事にした。 私の職場の上司は豪快で楽しい人だが強引で女グセが悪く、前にレイプまがいで犯された女子社員がいるという噂を耳にしたことが...続きを読む... 1/2)「オーーイェーース」他の男の手によって開発される金髪美人妻…浣腸&アナルデビュー 4ヶ月前、日本の友人からメールが入り、「会社の先輩の斉藤(仮名)さんがアメリカへ行くから観光案内してくれ」と頼まれ、それから2週間後に斉藤さんが到着しました。 ちょうど妻のジェニーも予定が空いていたので、私と共に観光案内をすることにしました。 色々な観光スポットを巡り斉藤さんを案内している時、彼が時々ジェニーの体を舐める様に見つめていることに気が付きました。 斉藤さんも男ですから、金髪女を見て色々と想像するのは自然なことだと思いましたの...続きを読む... 男をつなぎ止めるためSEXをしてすがるビッチ Mの初体験は18の時でマネージャーをやっていたサッカー部の子だそうです。 両親が居ない時彼の家でしたり、人気の無い外でしたことも有ったそうです。 その時は家に人が居てどうしてもやりたい彼に付き合ったみたいで、結構SEXは嫌いだとか言いながら、その時は卒業まで毎日に近い位やらせてたみたいです。 就職して愛知県の建設会社に入ってからもその彼との付き合いは続ていましたが、会社の用意したくれたアパートが二人用で週末彼が来て泊まっていく時も、ほと...続きを読む... みんなのエッチ体験
義母【熟女体験談】

妻が交通事故で足を骨折し約1ケ月入院する事になり、小学校の子供がいる為、義母が家の手伝いに来てくれる事になりました。私は、40歳、妻36歳、義母は59歳、義父は68歳義父も義母も女房も元教師で、私も小学校の教諭という教育者一家なんです。義母は昨年まで中学で数学を教えていましたので、まだまだ元気で、150cmぐらいの小柄で、自慢は若い時から体形がほとんど変わっていないという事女房は165cmの大柄で

オナニーしていた母に後ろから挿入したら、父と間違えた母は・・・

去年の7月から、母さんとSEX出来るようになりました。 母さんは32歳で、小泉今日子に似ています。親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。 僕は、おととし、中学に入ってから、オナニーを知りました。最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてオナニーしてました…...

プールで股間を触ってきた幼稚園の若いママ【人妻体験談】

3連休のことです。うちの息子と、その友達、合わせて3人でプールに遊びに行きたいという話になったのですが、あいにくうちの妻がどうしても仕事がはずせないと言うので、私が連れて行くことになりました。妻は看護師をしていて、こういう事はどちらかというと土日が休みの私の担当になっています。前日に妻が一緒に行く友達のお母さんたちと連絡を取り合ってくれて、段取りはつけてくれました。うちの車がステップワゴンというこ

デカチンでウマ男と呼ばれた友達の風俗体験談

高校生の頃、「ウマ(馬)男」というあだ名の男がいた。そいつは陸上部のエースだった。エースというと聞こえはいいが、顔は普通、身長も高くない。ただ、足だけは速く、表向き、「ウマ(馬)男」の由来は、足が速い事から来ていると思われていた。確かにそれも理由の一つだった。しかし、実は、もう一つ、理由があった。ウマ男のアソコが異常なくらいデカかった。馬並み、それがあだ名の真の由来だった。馬並み巨根というのが判明

母と登山して山小屋に泊まったとき、欲情して中出しSEXしてしまいました

代休消化のため、2連休を取って、山好きの母47歳と久しぶりに羊蹄山へ登りました。山頂から御来光を拝むには、避難小屋が閉鎖する今年最後のチャンスだったため、前線の動きにやや懸念はあったものの行くことにしました。 早朝、車で家を出て、真狩コースの登山口に到着した時はすでに午後をまわっていました。 途中から夜間登山になるため、それなりの装備を背負って、登山口を出発しました。...