エロ知識がなくてもヤラシイことされてるのがわかる…幼い日のトラウマ

10年位前の事です。私の家は、母子家庭で、弟がいます。冬休みの事です。母が勤めに出ていたので、いつもの様に、四つ違いの弟をつれ、近所のス-パ-に、買い物に行った時の事です。私は小学校の4年でした。 其処で、弟が、お菓子を、ポケットに入れそのまま、レジで支払いを済ませ、家に帰ろうとしたとき、50メ-タ-程、行った所で、二人のおじさんに呼び止められ、弟の、取ったお菓子の事で、厳しく問いつめられ、弟は泣き出しましたが、おじさん達は、情け容赦無...続きを読む 関連記事寝てたら下半身の違和感で起きて・・・初めてだったのに、後ろも・・エッチな体験談 同級生の男の子におっぱい触らせてよ〜って言われて神社に行って・・エッチな体験談 男の子二人と部屋で飲んでしまったらヘロヘロになって脱がされて・・エッチな体験談 後日談 高校は親元を離れて一人暮らしをしながら学校に通っていました。 食堂の有るマンションのような、 寮みたいだけど学校の人だけじゃないへんな施設。 学校からそう遠くない一人暮らし。 当然のようにたまり場になっていました。 ある日、4畳半の部屋に8人が泊まっていました。 雑魚寝状...続きを読む... 女子大生バレー部の逆・集団レイプのしきたり 私がいたバレー部では、今の時期になると一回生の調教を始めます。 先輩の命令には絶対服従する「奴隷」に改造しちゃうんです。 どんな事をすると思いますか? 年に1度の行楽シーズンだから、サークルのメンバーの中には必ずと言っていいほど、家には誰も居ないくなるっていうのがあるでしょ。 そういう家を使って「裏ビデオ鑑賞会」を開きます。 一回生には練習だと騙して、絶対に全員参加するようにって通達しておくんです。 それで、ビデオ見て興奮してきたら、オ...続きを読む... コンビニでノーパン・ノーブラでエロ本読んでたら店員さんにバレた コンビニでノーパン・ノーブラでエロ本読んでたら店員さんにバレたエッチ体験談。 この間、夜中にコンビニに行きました。 家から歩いて2分くらいのコンビニだったので、 ノーブラ・ノーパンにスカートと薄手のニットに 薄いジャケットを羽織って行きました。 4時ぐらいだったので店員と私しかいなくて、 私はいつも通りエロ本を読んでいました。 結構長いこと読んでいましたが、 店員さんが私の後ろで品出しらしきものを始めました。 気にせずに本を読んでいまし...続きを読む... みんなのエッチ体験
オナニーしていた母に後ろから挿入したら、父と間違えた母は・・・

去年の7月から、母さんとSEX出来るようになりました。 母さんは32歳で、小泉今日子に似ています。親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。 僕は、おととし、中学に入ってから、オナニーを知りました。最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてオナニーしてました…...

妻の友人の清楚なお嬢さんのあまりに激しい喘ぎ声

妻とまだ恋人だった頃、妻の友人カップルの恋人2組で、隣の部屋同士に宿泊した時のお話です。妻はややロリッぽい可愛い女性で、体形はムッチリ、朗らかで明るい性格です。一方、妻の友人の女性は絵に描いたような清楚なお嬢さんで、大人しい性格です。私の車で4人で出かけ、ドライブした後に山間にある木造の安宿に到着しました。山の幸の料理を食べて、少し呑んで、それぞれの部屋に戻りました。部屋の仕切りは薄い壁一枚で、隣の

家庭教師先の母親との美味しいエッチ【人妻体験談】

家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。普

自分の運命を変える淫乱人妻との出会い

こんにちは。29歳、いつまでたってもしがない会社員生活のさえない男です・・私は某サイトで1人の女性と知り合いました。その女性との出会いがまさか自分の運命を変える出来事になるなんて夢にも思いませんでした。1から話すとかなり長文になりますので、短縮してお話します。サイトを閲覧していて少し気になる女性がいました。早速、駄目もとでアタックしてみたんです!そうしたら、意外と?アッサリお返事が来まして、後日日

いこと同士って結婚出来るんだよ?で、今は同棲中

従姉妹って、近親に入るのかなぁ?去年、じいさんの法事で従兄弟連中が集まった時のこと。夜も更けて、じいさんちの2階で雑魚寝することになった。みんなさっさと寝てしまったんだが、一番歳の近い郁子(仮)だけが目を覚ましていて、ぼそぼそと話しかけてきた。郁「Kくん(俺)、彼女とかいるの?」俺「うん、まぁ、今はいないよorz 郁ちゃんは?」郁「彼女はいないなぁ...うそうそ、彼氏もいない」俺「そっか、意外だなぁ。郁ち