アオカンで恥ずかしがりつつも喘ぐ彼女がタマラン!

この話は自分の思い出日記みたいなもんで自分が楽しむために書いてるので文才もないのであまり期待しないで欲しいがまぁもしよかったら見て欲しい。俺にはアヤという彼女がいた。 見方によっては宮崎あおい似の子で、まぁ見方によってなので広末の真似をするおかもとまりみたいなそのくらいのクオリティで想像して欲しいのだが。いやそこまでのクオリティはないかもしれないが。とにかくカワイイ系の女の子と思って下さい。 アヤのスペックは身長155cmくらい胸はEカ...続きを読む 関連記事スキー修学旅行で生徒の処女をいただいた スキー修学旅行で生徒の処女をいただいたエッチ体験談。 ちっちゃくて勝気そうな印象があった子だった。 当時のアイドル浅香唯に似ていたから、仮に唯としておこうか。 疲れたから寝ると言って、ダッシュでフロントを横切ってきたらしい。 ここは昔、乾燥室だったところで、暖房も入らずにすごく寒いが とりあえず話をするスペースくらいはあった。 離れの電気をつける前にいきなりキスした。 キスをしながら強く抱きしめた。 小さい唯の腰を抱きかかえて、抱っこす...続きを読む... おもらしした女子の口止めにクンニしまくった おもらしした女子の口止めにクンニしまくったエッチ体験談。 高1の夏休み、クラスでキャンプに行ったとき、 (もちろん学校の行事ではないが) 夜中に男女2人づつで肝試しに行こうという事になり、ある女の子と一緒に出発。 可愛い子ではなかったのだが、サービスで怖い話をしてたら、 びびりまくって、突然‘わ!”って脅かしたら、 座り込んで泣き出しちゃった・・・ なんか様子がおかしいなと思ったら 赤いジャージのお尻の部分が黒く濡れてて・・・ そう、彼...続きを読む... 海で物色中に人妻のマンコぽろりを目撃しちゃったら…夜散歩中に声をかけられて行きずりSEX 高校1年の時だった。 僕と友達の裕弥と信也の3人で海にキャンプに行った時の出来事だった。 僕たちはキャンプ場の近くの海水浴場で、可愛いギャルを双眼鏡で観察しよと思って、人ごみを避けて、少し離れた、岩場でゴツゴツした海岸を歩いていた時、一組の夫婦が小さな女の子連れて、たたずんでいる事に気が付いた。 夫らしい男性は仰向けになって顔に帽子を乗せて、ぐっすり寝込んでいて、その横に、小柄な、可愛い感じの女性が子供と遊ぶ様にして座っていた。 年は3...続きを読む... みんなのエッチ体験
マンコがヒクヒク絡みつく50代の義母【熟女体験談】

妻の母、義母はもう50歳。でも油ののったエロくて官能的な熟女なんだなーHしたくてたまらない豊満スタイル。女房の出産の後、一週間くらい俺の身の回りの世話のために家に泊まってた。女房が出産した日の夜、俺の家で義母と二人で祝杯をあげ、あれこれと話をして、気が付いたら夜もふけていた。ピンク色に頬を染めた50代の義母はすっかり気持ちが良くなったようで、茶の間でこたつに脚を入れたまま横になっていた。そこで寝室に布

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談。 姪の志織に狂っています。 今、小学6年生なのですが、ほぼ毎日、セックスしています。 今日も昼間、マンションに来ていたのですが、2時間ほどの間に2回もセックス The post 小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談 appeared first on エッチトーク体験談.

長女の同級生のお母さんとラブホへ

さほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。今回、お話する女性もそのひとりです。今から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。その女性は英子さん、44歳。(名前と歳は後で分かったことですが・・・)長女の同級生のお母さんです。...

社長が半身麻痺状態になった奥さんの悩み

 高校を卒業して今の職場に就職しました。もう16年近くなります。もう34歳。親元を離れて、一人暮らし。若いころは希望もありましたが、都会にはどうもなじめなくて、いまだに彼女ができません。 毎晩お酒を飲んで、たまに競馬場へそんな日を送っていました。そんな変わりのない生活に嫌気がさし始めた去年の春のことです。社長が脳梗塞で倒れてしまったのです。本当に急な出来事でした。...

夜行バスで眠っていたら指とかナニとかがあそこに入ってきて・・・

夜間の高速バスは静かだ。 長い距離の移動に疲れ誰もが寝ている。 そんな中だからこそ出来る“行為”があった。くちゃ…くちゃ…照明もごく小さな豆電球に落とされた車内は、走行音以外は寝息ばかりが聞こえる。 そこに耳に届くか届かないかの粘着いた小さな水音は、同乗者たちの眠りを妨げる事はなかった。...