妻が寝取られてマゾ奴隷調教をされていた話

私は44歳、妻は38歳です。結婚をするまでに、彼女を二度寝取られて別れた経験があります。 女性不信になりかけた時に、妻と出会いました。結婚を10年、子供はいませんが、楽しい生活だと思っていました。妻が、されていた事を聞くまでは・・・・ 妻は4年前からある男と関係を持ち・・・マゾ奴隷に調教をされていました・・・ 私が転勤になり、妻は仕事を辞めて一緒に来てくれました。引っ越しが落ち着いてから、パート勤めに行くようになりました。 その男は、妻...続きを読む 関連記事可愛くて自慢の彼女が外国人の肉便器にされて性奴隷になっていた… 大学時代に彼女寝とられた経験語るわ。 彼女とは高校二年からの付き合いだった。 高二の4月の自己紹介で、初めて見た時に、 「こんな可愛い子ウチの高校にいたのか」と思った。 ちっちゃくて細くて、色白で可愛かった。 安達祐実を少し白くした感じ だから適当に名前をゆみってことにしとく。 もちろん偽名だけど。 席が近かったこともあって、ガンガン話しかけた。 俺はおしゃべりなほうじゃないけど、... 妻を覚醒させてしまった…寝取られ好きな俺は嫉妬でマゾに堕ちていく… 私も、妻が別の男と寝ることを想像すると、興奮するタイプで、つい、妻に言ってしまいました。最初は当然「そんなことできないわ」「なんでそういう事言うの?」 「ほんとはアナタに好きな娘でもできたんじゃないの?」などと言って相手にしませんでした。しかし、妻とのセックスの回数をワザと多くして、そのたびに言うと、妻も少しづつその気になってきて、今がチャンス!とばかりに、メールで募集したり、情報を収集したりして、ついに会社の後輩で適任者を見つけました...続きを読む... 情けない夫の為に…!?妻が金持ち農家のオヤジたちの肉便器に堕ちた。。 私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが2年前に社内結婚し退職しました。 自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。これまでは何とか一番出世でエリートとして認められてきましたが、ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。ここでがんばらないと、東京の...続きを読む... みんなのエッチ体験
妻の母親と2人だけで留守番したら…

今年のお盆に嫁の実家に行った時の話です。俺は直樹30歳、嫁は理恵25歳、義母は江美子48歳です。昨年の12月に義父の洋平が急病で他界して今年は初盆なので10日から1週間、妻の実家に行くことにしました。事件が起こったのは妻が友人と会うことになっていた13日です。俺たち夫婦は家でも全裸で抱き合って寝ていますから、妻の実家でも2階の妻のベッドで全裸で抱き合って寝ています。...

酔いつぶれた友人の奧さんに、内緒で中出ししてしまいました

普段からこういうサイトを見てはオナニーばかりの毎日でした。まさか自分がここに書かれているような事をするとは思いもしませんでした。学生時代からの友人と久しぶりに会いまして、友人宅にて酒を酌み交わし昔話で盛り上がり、奥さんも子供を寝かしつけ、二人の会話に入ってきて談笑。...

会社の営業ノルマは女の理性をも崩壊させる体験談

 給料の源泉控除で、団体扱の生命保険担当者として勤務してた時の話だ。当時M井生命の営業をしていた寿美27歳独身美形でスレンダーだが、寿美担当の源泉金額が合わなかったり、トラブルが続いていて当然営業も集中できない。 家に帰り1時間程したら寿美から電話があり会って欲しいと言うので、待ち合わせ場所の喫茶店にいった。話を聞くと営業成績が悪くなり、ノルマ達成出来なくてクビになりそうでと話をしながら泣き出した

航空会社の健康診断のエロな告白

 毎年5月は健康診断の時期です。うちは航空会社の人がほとんどなので、また今年も生チチ、お○んこ、上も下も、隅から隅まで全部拝見させていただきます。事前に航空会社から、受診の日にちの申し込みがありますから、 その日はJ○LさんだとかA○Aさんだとかまでわかっちゃうんです。診察、検診中は真面目な顔してさせていただきますが、やはり超美人さんのあとは、脳裏に焼き付けてトイレで発散させていただいております。  若

夫しか知らなかった私が、乱交パーティで衝撃的な体験しました

私は31歳の兼業主婦で、子供が2人います。旦那は38歳の会社員です。子供がまだ幼くて、長女5歳、長男3歳で幼稚園に通っています。私はパートで朝9時から午後3時まで宅配便の仕分けをしています。同僚は同じようにパートの主婦が多くて、子育て世代という一体感もあり凄く仲が良くて、普通言わないでしょ・・・と思うような事もあっけらかんと話していました。...