友達の彼女との話です

kは実家に帰るが、ゆきちゃんはバイトのため正月はこっちで過ごすと言う。俺も正月バイトのため実家には戻らず。寂しがりのゆきちゃんは毎日俺と過ごすって、kがいない間のスケジュールを組み始めた。kも俺の事信頼してるからゆきを頼むわw、とか言い出すし。 ゆきちゃんが俺の事見てないのはよく分かってたし、kとの友情も相当大切だから、その時点では俺はゆきちゃんとどうこうなろうなんて一切思わなかった。その時点では。 kが実家に帰っていないのは6日間。 まず1日目は車で外出。すげー遠くまで行った。夜はゆきちゃんが俺の部屋で寝ちゃって、俺はkから預かった鍵でkの家に行って就寝。もうこの時点でゆきちゃんは俺のこと男として見てないのがよく分かるだろ。 2日目。映画観に行く予定だったけど、俺もゆきちゃんも寝坊して、お互いバイトがあったから結局会わず。夜も昨日の反省を生かして(?)ゆきちゃんは自宅で寝る。 3日目やっ … 続きを読む → The post 友達の彼女との話です appeared first on エッチトーク体験談. エッチトーク体験談
苦労したけど、念願だった同僚の奧さんに中出しできた

雅之の妻である真理江は私達と同じ会社の後輩でした。結婚退職後は他の会社へパート社員として働きに出ており、たまに飲み会等にも顔を出していました。雅之が名古屋へ異動になった後も、いつものメンバー達との飲み会に真理江を誘って、よく飲んでいました。在職中から真理江に目を付けていた私は、なんとか真理江とやれないものか色々と策を練りながら、真理江の姿を脳裏に思い浮かべてオナニーをしまくっていました。...

どう見ても浮気なんかしそうにない清楚な奥様がすんごい乱れようで興奮した

出会い系で知り合った美佐子と梅田のシティーホテルで落ち合った。フロント前の椅子にスレンダーな身体で、茶系のスカートに濃紺のサマージャケットを着た美佐子が座っていた。清楚で綺麗な奥様で、緊張した面持ちであった。私は隣の椅子に座りそっと「美佐子さんですか?」と囁くと、「はい」と軽く頷いた。チェックインの手続きだけ済ませ、ティーラウンジでお茶をしながらたわいもない話で彼女の気持ちを落ち着かせた。...

少年野球の母親たちがあんなにスキモノだったなんてね・・・

久子と知り合ったのはちょうど2年半前。私は少年野球のコーチをしていた時でした。少年野球には父母会というものが存在しており、色々とうるさい存在でもありました。私はヘッドコーチなので、ある程度の決定権はあったものの、監督は起用法に父母会よりごちゃごちゃ言われていたので、私が窓口となりいろいろなクレーム処理にあたっていた。...

スキンを買いに行ったら、薬屋のバツイチ熟女がハメさせてくれた

大学時代の話。その時なんとなく付き合っていた女(フリーター・19歳・金髪)が、一週間ぶりに部屋に来ることになったのだが、コンドームが切れていたことに気づき、慌てていつもの近所の薬局に駆け込んだ。店に入るといつもいるハゲオヤジではなく、なにやら気だるいお姉さんが白衣を着て座っている。...

妻とやりながら(いつもより締まるな)なんて思っていたら、泊まりにきた妻の友人だった

昨日の事ですが、僕達夫婦の家に妻の友達が泊まりに来ました。その友達は仙台に住んでいる主婦で、東京で結婚式があったので、ついでに妻と遊ぶ事になって家に泊まって行く事になりました。その奥さんはメグと言って、29才ですがかなり童顔で可愛い顔をしていました。 妻は少しぽっちゃり系ですが、メグはもうちょっと太りぎみで、デブではありませんが、柔らかそうな体をしていました。...