★転勤先のアパート住民の未亡人と

 会社に着いたら、ガヤガヤと廊下の連絡自己が、書いてある黒板に紙が張り出されていた。41歳の俺に転勤命令、目の前が、真っ暗になりふらついた。家に帰って話をしたら行ってらしゃいの言葉 函館のアパートにやってきた歌の詩では無いけれど、はるばるきたぜ函館・・アパートに住み付くようになったら隣の部屋の未亡人と話をするようになった。そんな日々が、続く仲、奥さんは俺に愚痴をこぼしたいらしく私の話を聞いてと言っ Hな告白や体験談ブログ
マンコがヒクヒク絡みつく50代の義母【熟女体験談】

妻の母、義母はもう50歳。でも油ののったエロくて官能的な熟女なんだなーHしたくてたまらない豊満スタイル。女房の出産の後、一週間くらい俺の身の回りの世話のために家に泊まってた。女房が出産した日の夜、俺の家で義母と二人で祝杯をあげ、あれこれと話をして、気が付いたら夜もふけていた。ピンク色に頬を染めた50代の義母はすっかり気持ちが良くなったようで、茶の間でこたつに脚を入れたまま横になっていた。そこで寝室に布

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談

小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談。 姪の志織に狂っています。 今、小学6年生なのですが、ほぼ毎日、セックスしています。 今日も昼間、マンションに来ていたのですが、2時間ほどの間に2回もセックス The post 小学生の姪っ子とほぼ毎日セックスするようになったエッチ体験談 appeared first on エッチトーク体験談.

彼氏から教わったエロのイキ地獄

 こんにちわw。私は高3のあやかといいます♪ つい、この前彼氏とやばいH体験したので投稿しますッ。彼氏わほんとにドSで、言葉でいえないほどすごいんです! この前のHは、今までで一番イキっぱなしだったと思います。 ついこの前彼氏から電話があり、彼の家にいったんです♪ で、いつものように、おしゃべりしながら楽しんでました。そしたら、いきなり激しいDキス! あたしのまんこは、もうトロトロで…。あたしわキスだ

夜行バスで眠っていたら指とかナニとかがあそこに入ってきて・・・

夜間の高速バスは静かだ。 長い距離の移動に疲れ誰もが寝ている。 そんな中だからこそ出来る“行為”があった。くちゃ…くちゃ…照明もごく小さな豆電球に落とされた車内は、走行音以外は寝息ばかりが聞こえる。 そこに耳に届くか届かないかの粘着いた小さな水音は、同乗者たちの眠りを妨げる事はなかった。...

長女の同級生のお母さんとラブホへ

さほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。今回、お話する女性もそのひとりです。今から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。その女性は英子さん、44歳。(名前と歳は後で分かったことですが・・・)長女の同級生のお母さんです。...