美人の後輩社員と一晩中ハメ続けた(2)

もう慣れた腰の位置に、あてがうのもなれたものです。すぐに入り口を見つけて、ずるっと先端が埋まりました。「あっ…朝から凄いなぁ…」いきなり入れられたのに、まんざらでもない... 禁断の体験 エッチな告白集