俺が就職して二年目の頃の話。2

翌日もその次の日も美里と顔を合わせたけど、普通の挨拶を交わすだけで、特に何にもなかった。覗きがバレてないって安心感と、お前みたいな生意気そうなやつのおっぱいやケツを視姦&ズリネタに使ってやってるぜっていう、完全ど変態な征服感でいっぱい。そのせいか、仕事中の美里を見かけても、目線はケツやおっぱいばっかり。家に帰ってからは、それで抜く。そんなことを繰り返していた。一ヶ月後の8月の終わりくらいに、店が終 大人のえっちな体験談&告白