先輩の彼女と二人で時間を潰すことになり…3【浮気体験談】

Kは再び咥え始めた。右手でしごきながら舌を回転させつつ、上下運動が続く。 時折喉奥まで咥え。我慢汁があふれまくった。それを音を立てながら吸いつつ、今度は裏筋にゆっくりととがらせた舌を這わせ始めた。あまり俺は裏筋舐めは好きではなかったが、目元を微笑ませながら庶務のKさんがこちらに目を向けて舐めている姿に、我慢汁が溢れ止まらなかった。K「○○君ってすごい汁出るんだね。」 俺「俺ってあんまでないんだけどなー。K 秘密のH体験談告白