主人の上に跨り腰を振る淫乱な人妻です【SEX体験談】

昨夜、夫婦の部屋の布団の中で隣に寝ている主人のパジャマに手を入れ、小さなペニスに触るとそれをしごきました。眠っていたはずの主人のアソコは徐々に大きさと硬さを増してきます。私はパジャマのズボンを脱ぎパンティを脱ぐと主人の痩せたお腹の上に乗り、彼のそれを私の入り口にあてます・・・30才を過ぎた私でも、エッチな所はすぐに濡れてきます。主人のアソコを手で持ち半分ほど私の中に入れたところで私はゆっくりと、でも 秘密のH体験談告白