隣に住んでる人妻さんとエッチし捲りだった学生時代の話 2

俺の方に向き直った由麻は、飢えたケダモノのように俺の顔を両手で触りながらキスしてきました。こんなにも激しく貪られた経験が無かった俺は、ちょっと戸惑いながらも必死で舌を絡めました。ホホを触っていた手が後頭部へ、髪をモミクチャにされた後今度は背中へ。背中をギュッとされたり軽く引っ?かれたりしましたが、由麻は俺の口の中を執拗に舐め回していました。ちゅぽんっと口が離れて目があった時、今まで見てきた由麻の顔 秘密のH体験談告白