生保レディを性欲のはけ口に…1【エロ体験談】

ある日、いつもと違う生保レディが職場に訪れた。昼休みを目掛けて、俺の唯一楽のしみ、安眠を妨げる生保レディが正直ウザったく感じていた。しかも、若い娘ならいざ知らず、年配で無理に色気を演出した俺の部署担当の生保にはいささかウンザリしていた。なので、いつも寝たフリを決め込んでいた。一応、そのオバサン生保会社の保険に加入していたのだが・・・。それがある日、違う女の子を連れて生保オバサンが訪れた。「明日から 秘密のH体験談告白