■怖かった処女を失った日

 いつもの夕暮れの教室。私は好きな男子の部活姿を、教室の窓から眺めていました。その男子は陸上部で、私の片想いでした。ある日、私は彼の誕生日だということもあり、勇気を出してプレゼントを渡そうと、人気のない理科室に呼び出しました。 冬ということもあり、すっかり暗くなった部屋に、彼はやって来ました。まだ五時過ぎだったんですが。やって来た彼は、急いでいるように見えました。大会の練習で、ライバルに差をつけら Hな告白や体験談ブログ