団地妻との面白いエロな経験【熟女体験談】

学生時代に酒屋で御用聞きのアルバイトをしていたときのことです。午前中に注文を取りにお得意先である市営団地を回ります。私の勤め先は小さな酒屋で、エレベーターの無い団地の4階5階が主な客先です。団地は若い所帯が上層階に多く、奥様方は大半が30歳前後。春先からはじめたアルバイトにも慣れてきた夏休みのことです。団地の5階のとあるお宅を訪ねて「まいどぉ、○○酒店で~す!」とチャイムを鳴らすと、奥から「ハーイ、 秘密のH体験談告白