興味のない男の巨根が頭から離れなくて…2【エロ体験談】

時間は0時頃。シャワーから出て髪を乾かし、居酒屋での事を私は深く悔やみ、涙を流した。思い出すのはブサイクな容姿の男がニヤニヤ話すシーン。何であんな事に…私はベットに潜り泣いた。悔しくて。頭に過るのが、その男の容姿とそいつの発言の数々。私は泣き疲れ、窓から外を眺めたり、仕事の資料を見たり。けど何をしてても頭からはそいつが離れない。時間はもう2時前。私はもう寝ようと決め、ベットに包まり目を閉じた。そこで 秘密のH体験談告白