クリトリスを彼氏の鼻先に押し付けたエロ体験談

ある日の夜、琢磨は自宅で可奈とくつろいでいた。琢磨は可奈の胸元をそっと見やる。大きい胸だ… 母乳のおかげか、可奈の胸はかなり大きくなり、色っぽい雰囲気を出している。可奈の下半身からも、男を惑わす独特の淫らな空気が感じられる。琢磨の男根は、次第に硬く大きくなっていった。このセクシーな裸体を見ることが出来るのも、そう長くはないかもしれない。琢磨が思わず口を開く。琢「あ、あのさ…可奈…!」可「なーに?」琢「 秘密のH体験談告白