一番エロくて従順だった女 2【出会い系体験談】

優香「ごめんなさいご主人様、我慢します・・・」今度はバイブを優香のあそこに当てた。優香はビクッとした。少し入り口でヌルヌルと動かす。優香はそれだけですでに大きな声を漏らしていた。ローターをクリに当てながらバイブを優香の入り口に軽く当てスイッチを入れた。うねうねと優香のぐちょぐちょの入り口で動く。優香はビクビクしまくりながら腰をいやらしく動かし喘ぎ声をあげる。俺「ほらっ、突っ込んで欲しいのか?」優香 秘密のH体験談告白