抑えられない私のセックス願望【エロ体験談】

私は近畿地方の小さな町に暮らす30代の専業主婦、あや(仮名)です。主人は37歳、よしき(仮名)、会社が社宅として借り上げてくれているマンションで暮らしています。主人と私はもともと会社の先輩と後輩でしたが、私が入社したときに指導に当たってくれたのが主人でした。でも、私は最初、同期入社の男の子、「しげき」(仮名)と付き合っていました。二人の仲を取り持ってくれたのも主人でした。しげきはとても紳士で、私の事を 秘密のH体験談告白
妻の母親と2人だけで留守番したら…

今年のお盆に嫁の実家に行った時の話です。俺は直樹30歳、嫁は理恵25歳、義母は江美子48歳です。昨年の12月に義父の洋平が急病で他界して今年は初盆なので10日から1週間、妻の実家に行くことにしました。事件が起こったのは妻が友人と会うことになっていた13日です。俺たち夫婦は家でも全裸で抱き合って寝ていますから、妻の実家でも2階の妻のベッドで全裸で抱き合って寝ています。...

隣の人妻に巨砲を見せたら、セフレになってくれました

私は単身赴任中の会社員です。もう年は52歳になります。いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。それは、ずばり「あれ」のサイズです。特に長さなんですが、勃起したらなんと20センチを超える長さです。単身ながら、妻とうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。...

引っ越ししてきた巨乳の奧さんが万引きするのを目撃したので…

最近、近所に若い夫婦が引越してきました。その奧さんの名は清美。俺の留守中に旦那と挨拶に来たらしいい。 旦那は銀行マンで銀行名が入ったタオルを置いて、何かありましたら、○○銀行をと俺の妻に言って帰ったと聞きました。銀行のタオルを持って来るあたりは、堅いのかケチなのか理解し難いが、妻の話だと「奥さん、可愛い人だったよ。でも胸が凄く大きくて何か頭弱そう」とのことだった。...

秘湯温泉に仕事の打ち合わせに行ったら、女上司が筆下ろししてくれた

まだ23才の時に童貞だった。会社の女性の上司(当時28才だったと思う)と、ある秘湯温泉に仕事に関するスケジュールの調整と打ち合わせのためにでかけた。片道2時間はかかる遠い場所だったので、その日は会社に戻る必要はない出張扱いだった。彼女(女性の上司のこと)の運転で朝早く出かけ、9時半ごろには着いた。...

不倫相手てのSEXの大敵は妊娠

 自分は既婚者、相手も既婚者いわゆるダブル不倫になりますね。その相手とエッチを重ねていたのですが、毎回おなかか背中ときには、お口に出していました。 先日のエッチのときに、正常位でしているときや、横向きでしたりバックでしているときに、栗をなぶったりアナルに指先をいれたりしていました。いつもは嫌がったり拒否されるのですが、その日はいつもより感じていたのか、抵抗がなかったんです。...