妻が同僚に寝取られ、あれほど性的興奮を覚えたことはなかった 3

「い、入れたい・・・お、奥さん・・・・もう、入れたい・・・」辛抱堪らないという風にクネクネと腰を捩らす度にユラユラ揺れるあの睾丸を今飛び出していって思い切り蹴り上げたらどんなに気持ちいいだろうと思いました。何故だか少年時代に飼っていたカブトムシの交尾を目の当たりにして、雄が憎らしく見えて思わず性器をハサミで切ってしまった事を思い出しました。「ダメ!・・・・い、入れないで・・・入れちゃダメ・・・絶対 秘密のH体験談告白