親戚の葬式の夜、初めて会った従姉が筆おろししてくれた

ボクの名前は広和。ボクがエッチに目覚めるきっかけになったのは注2の夏だった。母方の親戚のじいさんが亡くなった時、葬式に来ていた「恵理」と呼ばれていた女がボクに悦楽に溺れることを教えてくれたのだ。なんでも母の姉方の従兄妹にあたるということだったが、ボクより二つ三つ年上の感じだった。... 禁断の体験 エッチな告白集