幼馴染☆3

 季節は春先のまだ肌寒い頃だったが、暖房も入れていたし、二人でくっついていると、汗ばんでくる。ちーちゃんがシャワーを浴びたいと言うので、俺はタオルを出したり、湯の準備をしたりして、ちーちゃんを浴室に案内した。ち:一緒に入ろうよ(笑)俺:でも、狭いし・・・ち:昔はいっしょにお風呂に入ったじゃない(笑) と言うわけで、俺たち二人はくっつくようにしてシャワーを浴びた。俺はサービス精神旺盛に、ちーちゃんの背 大人のえっちな体験談&告白