ザーメン大好きな会社の変態熟女との体験談

会社の事務員、佳枝。45才、バツイチ。小柄だが、むっちりしたお尻、くびれたウエスト、男好きそうなエロい顔立ち、くわえ込んだら離しそうにないぽってりした唇。いつも後ろ姿を眺めながらこっそり勃起していた俺。ある日、飲み会の二次会で同僚や先輩が帰ったり酔いつぶれたりした中、佳枝と俺はそいつ等をタクシーに乗せたりした後、2人きりとなった。「俺たちも帰りましょうか」「そうね。じゃあタクシー拾いますわ」同じ方向 秘密のH体験談告白